FC2ブログ

俳優発声中級(10/26)                           《ことば系》

10/26(水)俳優発声中級

[1]ストレッチ(各自)
[2]課題発表「あいまいな言葉」
  ◎塾長講評
   ・本来「言語化できないからあいまい」→こんとんを具体化するのが言語
   ・自覚(認識:大雑把な“思い”)と行為との間には、多くの誤差がある
   ・セリフ:整合性がない言葉が多い
   「言語化するにはどうしたら良いか」を考える
   ・言葉は心理的以前に身体的である
   ・「関わりにおけるあいまいさ」と「文字におけるあいまいさ」・・・昔の文学は明確に分けられていた
   ・人は他との関わりにおいて自己を確立・認識する(言語化することにより蓄積)
   ・自分で自分をわかるために言語がある←自分の思考で他人の文を読むからわからない
   ・自分に向かって一番いい声で喋るクセもつこと
   ・自分で自分に問いただす→声のある言葉にする
   ・思考=言語化(頭の中だけでは妄想)
   ・音声化→頭と情動の共動
   ・メール社会での「声に出して読んで下さい」運動
     ※メール本文に「声に出して読んで下さい」と付け送る
[3]息出し(磯貝講師)
   ・ノドを開け息を口の前方にはく(出す)
   ・深いところからノドを開けて
   ・息は水平位に直進する
   ◎狼鳴きを全員で

 ◆本日の磯貝語録:自分で自分が分かるために言語がある
関連記事