FC2ブログ

歌発声初級(11/10)                        《音楽系》

11月10日(土)歌発声初級

講座テーマ「発声法 息の流し方 テキスト②」

[1]息の準備(磯貝塾長)
  歌のための必要呼吸量は、運動発散の1/3でよい(胴一杯にしない)。
 (1)必要な「呼吸量」「支え」「緊張感」
    (ただし、準備のためにはキャパシティ一杯全部使う)
    呼吸は深ければ深いほど良い。そのうち上1/3を使う。

 (2)「息」 歌声、喋り声、表現するための呼吸
   ・みぞおちの後(肩胛骨の真ん中)をふくらます。鼻から吸って
    ここから吐く。
   ・上顎に響いた音(上顎=反響板)は加工しやすい。
   ※「息の支え」は固有のもの。個人個人違う。

 (3)イタリア語表現のための息と口
    舌の緊張(いつも通りだと舌幅が広すぎる)
    唇の緊張感で、舌の良い緊張感をつくる。
    背に棒を背負っている感じ。
    
    ◎ブレスは「次を決める。次のエネルギーを作る」
     「入れたらすぐ出せるところ」(いつしたかわからないくらい)→技術

   ・イキを流す声を出して(アー)
    ①イキが流れている実感  ②ハナ開けて(笛のところ実感)


[2]口の準備と「捨て息」
  ①サクランボやスイカの種を飛ばすつもりで(あまり遠くでなく)
  ②①を声に出す「Pu」→Puの捨て息
   スイカの種、連続とばし「PPP・・・」息と言葉一緒に
  ③リズムで。2拍子、3拍子、PP、3連符(統一感、はめ込む、のっていく)

[3]Nina(歌唱)
  (1)イタリア語発音の資料(シラブル<音節>)
    ・aa, ai, ao・・・ひとつの口で
    ・S・・・にごるS、にごらないS
    ・sda ひとつの口で、ふたつにしない
    ・glia 「g」の口のまま「lia」をいってほしい
    ・giorni 2音節ジョルニ(ジョ・ル・ニにならない)
    
  (2)歌詞を読む
    ・Tre 「r」歯の中で巻き舌
    ・che 縦長に
    ・pfferi 一つめの「f」閉める
    ・svegliate sveズ
    ・Tre, Sve 音の前に出す
     
    ◎下唇をもって歌う(口に響く)→音程良い
     口唇両端に指あてて(鼻に響かせる)→音程さがりやすい
     ※日本人は奥にいってしまいやすい。息まえに出るように
     (種とばしのつもり)鼻も使って。

    ・ド~シより上は鼻に上げる。シから上のポジションへの移行
     スライディング
    ・口を早く→顎、舌、先行で。
    ・2p3段アウフタクトからの上行形→頭、首、伸ばしていく
    ・「ne」鼻骨に響かせて

  (3)Nel cor

[4]コンコーネ5番
  試演準備 コンコーネ1曲、イタリア歌曲2曲中1曲

◆本日の磯貝語録
 キャパシティー一杯を使う訓練と、そこに一杯に満ちたアビリティーを準備し、
 必要に応じ、適量で表現する。→ケチらない、やりすぎない。

◆本日の感想
 今日もまた、いろいろな事が目の前を通り過ぎて、流れていきました(E.O)
関連記事