FC2ブログ

歌発声入門(11/9)                        《音楽系》

11月9日(金)歌発声入門

講座テーマ「高声域の声と歌-ファルセットを学ぶ」

 ◎各自ストレッチ

 ◎試演会の構成決め
  「ゆりかご」「浜千鳥」「野ばら」「聖夜」の中から1人2曲選択

[1]発声復習(磯貝塾長)
 ・歌うとき、息を口から前に吐かずに、首の後へ吸い込む時の喉
  (下に降りている)のようにして歌う=後へ引っ張る
  ※息を吐こうとすると喉は上がる。吸おうとすると腹部前面
    (みぞおち~丹田)は引っ込む。喉は下がる。

[2]テキスト歌唱演習(磯貝塾長)
 (1)ゆりかご(母音唱法、上記を基本に)
   [o] 上顎奥歯の内側で支え、後に引っ張る⇒自然と縦口になるはず。
   [a] 前歯中央を前端として意識する([o]に加えて)
   [i] 上顎前端(歯の内側)に音を集め、後で支える(引っ張る)
     このとき、響きを歯に当てない、鳴らさない。

  ・ゆりかごの詩の「風雅な世界」を「歌」として作ることができるかどうかが
   うまく歌えるかどうかのポイントである。⇒話しているときの意味や感情を
   そのまま(話しているときの言葉の作り方や話し方)で歌っても、風雅な
   世界をつくることはできない。

  ◎普段の日常の生活性とは違う「音楽の世界を探す」こと。自分の中の別の
   面を見つけること。それは、生活を楽しくしたり、豊かにすることとは異なり、
   人のもっと内側の本質的なできごとである。本来、各人に備わっているが、
   現代日常生活では隠されてしまっているだけ。それを見つけ出すこと。
   ⇒「音楽的な緊張」をつくるということ。

   [e] 上前歯中央から首の後の付け根に引っ張る(喉は下げる)。
     音の通路を響かせる。音を出そう、つくろうというのではなく、響きが
     あるという意識。

   (歌詞つきで)鼻の穴(出口)がおでこに向かって吸い込むように音を取る。
    みぞおちを上げ、丹田を下げることにより、横隔膜を張って支える。

    1人ずつ
     Aさん:前に吐かずに吸い込むこと。
     Bさん:おでこの骨を響かせる。
     Cさん:鼻から前へ息を出すこと(口からの息は少なく)。
         それにより顔の上前面を響かせる。音を内側にこもらせない。
         支えは背面(肋骨の後、仙骨)でする。前だけでやろうとすると、
         息は前に出なくなる。また背面で支えることにより喉が下がる。
     Cさん:鼻から頭蓋骨(眉間)に向かって息を吸うように。
         (臭いを嗅ぐ程度でよい)

 (2)浜千鳥
    上顎のうがいをするように、上前歯に向けて息を流す(1階の響き)
    高音になったら、鼻から息を出す(2階の響き)
 (3)野ばら
    前奏の間に歌う準備をしておくこと(鼻、軟口蓋、喉、おでこ)
 (4)聖夜
    2小節を1フレーズとする。高い音に上がるときは、鼻の穴を指で
    上げる。もしくは上唇を指で上げる。鼻から音を出しながら舌で上顎を
    なめる練習をするとよい。

  ・自分の内側でいくらやっても聴く人は外側にいるので、音を自分の外側に
   作らないと伝わらない(声のout side感覚)

  ・自分がその歌を歌うときは、どういう状態になればよいのかを考える
   ⇒感じる頭を育てること。

  ・「音楽の道」が体の中にあることをつかんでしまうこと。聴くことからつかむの
   が早道(耳、頭だけで聞くのではない)。

  ・聴いている音が、自分の身体のどこに当たっているかをつかまえること。
   そのためには、喉を開けておくこと(あくびをする感じ)。

  ・発しながら受けること。

◆本日の磯貝語録
 自分の内側でいくらやっても聴く人は外側にいる。音を自分の外側につくらな
 いと人には伝わらない。自分の声のout sideの感覚をつくる。

◆本日の感想
 身体を使うことがこんなに難しいとは思わなかったです。自分の身体なのに…。
 少しずつ声の響きというものが分かり、自分の響きもついてきて楽しく歌えまし
 た。周りの方の変化も大変勉強になりました。(Y.I)
関連記事