FC2ブログ

俳優発声初級(11/6)                      《ことば系》

11月6日(火)俳優発声初級

講座テーマ「発声共鳴法 上顎共鳴」

[Ⅰ]ストレッチと呼吸(磯貝塾長)
①ストレッチ
 ・側腹を伸ばす。前屈、もも裏を伸ばす。
 ・肩幅に足を開き、手を前後に振る。(5分間)
②呼吸練習:立位
 ・丹田に手を当てて呼吸をする。
 ・丹田に手をあてたまま、片足加重で呼吸する。ブレス毎に加重する足を
  かえる。
 ・背中(呼吸筋)に両手をあてて呼吸をする。
 ・横隔膜に手をあてて、呼吸をする。
 ・手を前方でクロスして肩に手をあてて呼吸する。

[Ⅱ]「ささえ」の入れ方:意識的発声と持続的共鳴のための響きとささえ法
  鳴った音を口に集めて、響きを作り直す。その響いている位置で音を持続さ
  せるための呼吸があり、その呼吸に必要な“ささえ”がある。

①鼠径部を突き出し、ゆるめずに「イ・エ・ア・オ・ウ」
 <息を流すとは>
 口のギリギリの所まで息を出して、口の中でまわすことである。
 無駄に息を出さない。声になるだけの息を出す。ささえ点は動かさない。
②丹田を押して「イ・エ・ア・オ・ウ」 ノドをおろす。口を縦にする。
③横隔膜を張ったままで「イ・エ・ア・オ・ウ」
④みぞおちを押したままで「イ・エ・ア・オ・ウ」
◎各々により音高・音色が異なる。自然発語より、明瞭で強い響きとなる。

[Ⅲ]発声共鳴法・上顎共鳴
 テキスト:「ひとりぼっちの裸の子ども」谷川俊太郎作
 ・語を作る⇒前口
 ・響きを作る⇒後ろ口
 同時に作用する。比率 前口:後ろ口=1:2

共鳴の種類
口腔共鳴
 ①上顎共鳴―硬口蓋・・・前歯から奥歯まで
         ―軟口蓋・・・軟口蓋、けんよう垂、口蓋翼
 ②下顎共鳴―前顎骨
         ―舌面
         ―後顎骨・・・下奥歯
 ③胸部共鳴
 ④鼻腔共鳴

◎音感が大事である。音感の中にスピリッツがある。スピリッツが意味を生成
 する。響きを楽しむ実感があるか。

 ex)硬口蓋の響きでテキストを読む(一段落ずつ、一人ずつ)
   声がかわれば言葉が変わる。

◆本日の磯貝語録
 息を混ぜるのは「技術」、息がもれるのは「未熟」である。

◆本日の感想
 呼吸運動では自身の体の部位がはっきりせず、迷ったり見つけたりでしっかり
 と把握出来ていないと実感。私は未だに自分の出した音(声)をよく聴く事が
 出来ず、自分の音を正確に受けていないように思う。(Y.T)
関連記事