FC2ブログ

発声・呼吸法入門(10/28)                         《ことば系》

10/28(金)発声・呼吸法入門

[1]ストレッチ(各自)~19:30
[2]身体訓練(磯貝講師)
  ①下腹部の強化:ペアになり、両膝を立て座っている相手の足を手で開けようとする
          次に閉めようとする
          同じ事を足で行う
  ②腹背筋強化法:ペアになり手を取り合い空中腕相撲 ※丹田をしっかりとらえるのがコツ
[3]呼吸法復習
  『丹田呼吸』・・・静かな呼吸(深い編)
    ①丹田を前に(吸う)下に降ろす(骨盤膜が実感できる)
     維持したまま(吐く)→最後に丹田と背中を近づける→吸う(繰り返し)
   〈注〉筒がどういう状態にあるのがいいのか・・・下がっている
      喉を見せる(下顎辺りを強調)喉を息が通っているという実感
      後ろ側から喉を開くようにする
    ②吸い方:鼻の穴のすぐそばの空気を嗅ぐように吸う
         おでこに向けて吸う(腹と連動して膨らむように)
        ◎まっすぐ水平に“吸う”“吐く”・・・声の直進性
         息自体を真ん中に集める
        「息を入れることが、出すことだ」(息の入れ方だ出し方)
  《訓練方法》
    ①手を使って匂いを嗅ぐように吸うor真ん中に集めるようにする(両手で)
     (真ん中から息を拾う感覚)※入ってくる息を見る
    ②お腹(丹田)と連動して、息を吸う→穏やかな呼吸・静かな呼吸
[4]「深い声・低い声」のつくり方
  -鎖骨を響かせる声(アンダーコード)-
  ◎under coda共鳴法
    ・自分の手を鎖骨に置いて手に向けてセキをする
     その位置に向けて「ア」 ※胸の位置を低くする
       ①短母音で練習
       ②肋骨に響かせる
   意識的に頭声、鼻腔、胸声を使い分けることができるようにすることが重要(=技術)
  ◎人は意識的に、声の響き位置(声の種類)を替えることが出来る。

 ◆本日の磯貝語録:息を入れることが出すことだ(息の入れ方で出し方が決まる)
関連記事