FC2ブログ

俳優発声(4/29)                      《ことば系》

4月29日(火)俳優発声

講座テーマ「演習(呼吸とささえ)」

[1]ストレッチ(磯貝塾長)
 ①下半身のストレッチ
  ・エクササイズは少し多めに行い、必ず回復運動をする(各自発明する)
  ・開脚正座をし、鼠径部を使って上体を持ち上げる→ゆっくりともどる
  ・ただゆるめることから強化へ
  ・内筋と外筋について
    うまい呼吸とは、内筋を補助的に使い外筋でする。
 ②四足歩行(5分間各自)
  逆四足歩行 ※腰を落とさない  回復運動(各自)
 ③椅子に浅く腰掛けて足を開き、右手で左足首に触れてもどす
  (左右で1回とし30回)
  自転車こぎ 30回×2
  立位で手を使って骨盤を前後させる

[2]自己紹介
  しっかりとした声で伝える。印象をつける。なれなれしさは×

[3]呼吸のためのエクササイズ
 表現者とは自分を消すということから始める(ニュートラルな状態)

 <エクササイズ>
 ニュートラルな立ち姿(一人ずつ前に出て行う)
 Aさん:腕が前に出ている。顎が上がっている。肩が内にまいている。
 Bさん:肩、首がずれている。首が突き出ている。目の緊張が強い。
     背骨がS字。
 Cさん:腰が反っている。肩がずれている。骨盤から修正する。
 Dさん:腕が少し前。背中から修正する。骨盤がズレている。
 Eさん:背骨が緊張している。まず骨盤のズレを修正し、その次に肩(背中)。
 Fさん:肩が上がりすぎ。指先に力を入れない。手首で修正。肩が硬い。

 ニュートラルな状態で立ち、お腹の底を抜く。鼠径部(下半身)で持ち上げる。
 再度ゆっくり抜く。足まで降りる。

[4]鼠径部、丹田運動と呼吸
 ・イスに浅く腰掛けて、鼠径部に指を押し入れて運動
 ・磯貝塾長の体をサンプルに出し入れを体験
 ・二人組みになり、鼠径部の出し入れをチェック。客観的に見てもらう。
  (入れ替わり全員みる)
 ・丹田、仙骨に向かって押し込み、出す 肩に力をいれないこと。

[5]呼吸とささえ演習
 ①鼠径部運動と呼吸
 ②丹田運動と呼吸

  呼吸を降ろす、深くする。→大腿の内筋(下半身)で行うこと。
  一番底の呼吸をキャッチすること。
  内側の筋肉をゆっくりと伸ばすことで回復運動をする。

  方法だけでなく目的があり、筋道がわかっていないとうまくいかない。
  体に落ちる実感をつけていきたい。

◆本日の磯貝語録
 他人にどうみえているか、聞こえているか、が重要(外の視点)
 一番底の呼吸をキャッチする

◆本日の感想
 頭の中で思ったり感じていても外には伝わらない、伝えるには別の頭が必要だ
 と分かりました。いらない力を抜きたいです。じっくり精進したいです。
関連記事