FC2ブログ

歌発声(4/19)                        《音楽系》

4月19日(土)歌発声

講座テーマ「歌と手拍子」

[1]準備
・ノドの周りの筋肉をほぐす。
 手の平を温めて、顔→ノド→首の後ろへ。
①「ノド」を開ける。
  片手をノドに当てて、顎の関節を開ける。(奥歯の上下を開ける。)
  『首と頭の良いバランスを保つ。』
②「鼻」を開ける。(ビックリした感じ)
 眉間に手を当てて、少し上げてみる。(目線が上がらないよう)
③「軟口蓋」を高くできるように。
この状態(①②③)にすると、息が自然に入ってくる。

[2]発声
※「ノド」…ノドに手を当て、リップトリル(やりにくかったら、口両端に人指し指当
       てて)
 「鼻」……鼻に両手を(三角に)当てる。
      (両方から均等に鼻に流れるように。マスクの響きを感じて。)
・リップトリル(又はハミング) ソファミレド
・発声練習テキスト
 [1a] Ma(マ)
  ・「a(ア)」の母音(「e(エ)」も同じ)→「a,e」は横に広がりやすい。
    口は絶対に『縦』に!→天井が高くなる。
  ・縦は開いたまま、ノドはあまり動かしたくない。
※無理に固定するのではなく、その位置を選択している状態。

  La(ラ)
  ・下口唇の下に指を横に置いて。
  ・眉間にも手を当てて→鼻が開く。(高音が出やすくなる。)

 [1b] 階名、Ma(マ)
  ※上行形はノドが上がりやすい。
   (ノドに手を当て、上がらないよう確認しながら)

 [1c] La(ラ)、階名(今は1回ブレス入れる。2小節目4拍の前で)
  ※母音の調整「I (イ)」…奥歯の上下に少しすき間を。

[3]テキスト
 La(ラ)又はMa(マ)で音取り
 ・「証城寺の狸囃子」 ※次回階名やります。(楽譜に書いてきても良いです)
 ・「上を向いて歩こう」
 ・「若葉」…3拍子(ふだんの生活には無いリズム)
   ※~かおる かおる~ は1フレーズで、ブレスしない。

[4]腹式呼吸
 ・ブレス(イスに座ったまま、腰とおしりのあたりに両手を置いて)
   →10回繰り返す。
   ①口から息を吐く。
   ②鼻からゆっくり息を吸う。(鼻を開けたまま)
 ・肋骨に手を当てて
   鼻が開いたブレスで、肋骨も動く(開く)。

◆本日の感想
 実声での発声練習は久し振りだったので、リハビリが必要だと感じました。
 発声自体は昨年の俳優発声講座で学んだことが生かせると多々感じました。
関連記事