FC2ブログ

歌発声中級(1/10)                        《音楽系》

1月10日(木)歌発声中級

講座テーマ「イタリアの歌①」

Ⅰストレッチ
 ①全員でストレッチ(担当Aさん)
  ・腕のストレッチ、肩甲骨を広げる、猫のポーズ
  ・背面(足から背中まで)を伸ばす
  ・側腹を伸ばす。体を回しながら側腹を伸ばす(背中を使う)
  ・股関節と足首のストレッチ
 ②ストレッチ その2(森下講師)
  ・腹筋には力を入れるが、腸には力を入れない。
  ・足踏み。足の裏から歌い手の楽器は始まる。
   丹田、みぞおち、声帯、人中…を確認(意識)する。

Ⅱ声だし
 ①ハミング
  ・軽くあくびをして、唇を閉じた状態でやる。
  ・ブレスは息の音がしないようにする。
 ②Me-Ma
  口を鳴らさない。
  高音発声:声帯を薄く合わせるためにやわらかい息を使う。
  低音発声:低い音は、振動で行う(声帯をマッサージする感じ)。

Ⅲテキスト歌唱
 今期のテキスト
 1.Già il sole dal Gange
2.Caro laccio, dolce nodo
3.Se tu m'ami

①イタリア語について
 ・対語、逐訳を見て、単語の意味を知る。
 ・イタリア語だけ書き出し、朗読する。
 ・イタリア語の読み方
  語頭のSは、次に有声子音が来たときは「z」になる
  母音間のSは、かるく「z」になる
  アクセントは最後から二つ目の母音
  hは読まない
 ・きちんと歌い上げること
②歌詩を読む
 ・韻をふんでいる箇所などもチェックする
 ・語尾の母音が略してある。その場合は、最後の子音は読む。
 ・1センテンスつなげて読めるように。
 ・読めるようになったらリズム読みの練習をする
 ・歌は母音で歌う
③テキストを歌う(音取り)
 1.Caro laccio, dolce nodo
  a)「ラ」で歌う。ブレスは指定の場所でする。
   装飾音は古典なので3連符ぐらいにする(丁寧に歌う)
  b)リズム読み
   il → i_l  mio → mi_o(譜割りの確認)
  c)歌詩をつけて歌う
   歌いながらダイナミック記号も目を通す
 2.Già il sole dal Gange
  a)「ラ」で歌う。基本は1拍目が強拍であるが、アクセントがつくことで
   音楽が変わる。
  b)リズム読み
   演奏記号の意味も調べてくる。トリルは少ない音を入れ増していく。
  c)歌詩をつけて歌う
 3.Se tu m'ami
  a)「ラ」で歌う
  b)リズム読み
   c)歌詩をつけて歌う

◆本日の感想
 どれも知っている曲だが、改めて歌ってみると、実はとても素敵な歌だと思った。
 「大人な」イタリア歌曲を歌えるようになりたいですね。
関連記事