FC2ブログ

歌発声初級(1/12)                        《音楽系》

1月12日(土)歌発声初級

講座テーマ「私の好きな歌①」

<連絡> 3/8(土)試演会 開始時間9:00~※1時間早く始めます

[1]発声
 首の後ろを長く…リップトリル 舌先を突き出す⇔引っ込める

[2]自由曲合わせ
1回目
 Aさん:「からたちの花」山田耕作 Es
     息をもっと流す
 Bさん:「sogno(夢)」トスティ As
     まず縦口で言葉を。(言葉から息を流せるように)
 Cさん:「ならず者」
     声造りのため調性を3度下げて
 Dさん:「Portament」バッカイ F
     自分がわかって歌えるものに変更したほうがよいのでは(曲変更)

 ☆歌詞を書いて一部提出「書いた歌詞をいつも持ち歩く」

 Eさん:「Gia il Sole dal Gange]
  もう少し高い音域(E、F)で出るものの方が良いのでは(曲変更)
 Fさん:「Home, sweet Home」
     英語でこの調は高いかも。3度下げて。
 Gさん:「メモリー」
     もっとヘッドヴォイスを作りたい
     (前奏3小節後4小節カット、間奏も4小節カット)
 Hさん:「おぼろ月夜」
     空気が口の中にたまっている。外に出したい。
     歌詞を音楽的に読む練習→歌詞をしっかり伝える
 Iさん:「Amazing Grace」
     英語の言葉をしっかりと。

2回目 
 Aさん:言葉の読み(人に伝える)。laでメロディを伝える。階段を滑り降りるよ
     うに。
 Bさん:下顎から声出すように。(uで)。下顎前、顎の関節使う練習。のどを
     開けっ放しできるように。鼻を手で上げてみる。
     下前歯から上口唇上に。(→のどをやわらかくする練習)
 Cさん:3度下げ→E dur 好きなように崩して歌ってみる。リズム自由にのって。
     楽譜のレールから思い切り崩してみる。やりすぎると戻れなくなるので
     そうしたら楽譜に戻ってみる。
 Dさん:3拍子のリズムで。リズムは音楽の意味がある。踊りのリズム。
     「Portament」(副教材として練習。覚える)
 Eさん:早口言葉でしゃべれるようにする。「u」→胸に手を置き、のどからそこへ
     「u」、のどは「o」の状態で。そのままおでこに手を置き、そこも使う。
     長い楽器を作る(パイプオルガン)  
 Fさん:「la」で。歯を閉じて口唇開けて歌う。高い音もそんなに高く思わない。
     楽しそうに歌う。相対で歌う。
 Gさん:気持ちが先行しすぎ。上顎の細いところで歌う(言葉)。
     「言葉を語る」と「メロディ」をいかにひとつにするか。
 Hさん:「しゃべる」と「歌う」が違い過ぎる。思い切りよい声で、かつ人のために
     歌う。
     体全体使って全部説明しながら歌う。(+おもちゃのチャチャチャ)
     頭の使い方を変える。
 Iさん:聖歌(祈りの音楽)にする。祈る対象、その力、栄光を賛美する。
     のどしっかりと。

◆本日の磯貝語録
 音楽の楽しみは、聴いている人と一緒に楽しむこと。一人で楽しむな!!
 まずは、音楽を楽しませること、次に聴く人を、最後に歌い手が楽しむこと。

◆本日の感想
 みなさん、各々の歌が楽しみです。楽しくうれしく聞かせます。
 たのしくうれしく聴きたいです。私も楽しませるように歌いたいです。
関連記事