FC2ブログ

歌発声初級(1/26)                        《音楽系》

1月26日(土)歌発声初級

講座テーマ「私の好きな歌②」

[1]準備
 ①鼻から息を出す(10回×3セット)。※吸わなくても自然に息が入ってくる。
 ②鼻に両手を(三角形に)添えて
   ・高めのところで前に出す
   ・低いところで(舌先、上の歯)
   ・裏声使ってできるだけ高いところ
    (ヘッドヴォイス。おでこ上までつながる感じ)。
 ③②のまま、ピアノの音に合わせて長く伸ばす(前に出すように)。
 ④サイレンのように上~下へ、下~上へ音をずべらせる。
  ※なめらかに行かないところは少し軽く。
   できるだけ高いところまでいってみる。
 ⑤リップトリルで④をする
  ※1回ごとに「顎の開放」と「軟口蓋(天井)を持ち上げる」
   静かに開いていく。息が浅くならないように。

[2]個人レッスン
 Aさん:「Oh my Own」
     言葉のニュアンスが大切。CDを聴いてマネしてみる。
     楽譜通り歌う曲ではないので、楽譜の音にとらわれなくてよい。
 Bさん:「Singing in the Rain」
     (歌に入るところからにする←少しカット)
     音楽をたくさん聴いて、音楽を自分の中に入れること。
 Cさん:「星から降る金」ラシドの中間音をどうするか。
     ヘッドヴォイスとミックス(上から下がってくる感じ)
     言葉のニュアンス優先すると、自然にいきやすくなる。
 Dさん:「O mio babbino caro」
     声を作って行く。息から。言葉(イタリア語)は縦口で。
 Eさん:「おお、シャンゼリゼ」
     ストーリーをしゃべってみる。何を歌っているか。
     わかっていること。自分の内に何か起こってくるはず
     →言葉のリズムが出てきた ブレスマークが言い直すヒントに。
     言葉の入れ方確認。
 Fさん: 曲変更「Santa Lucia Luntana」
 Gさん:「おもちゃのチャチャチャ」
     まず階名読みでやってみる。のどを鳴らしたい。
     「おぼろ月夜」もまず階名で。言葉は別にやっておく。
 Hさん:「千の風になって」
     ラララでメロディーをまず入れる。声まねはしないで、自分の声で歌う
     こと。
 Iさん:「Home, Sweet Home」
     「オ」でメロディー。頬骨の幅で両手で壁作って、3つの山(頬と鼻)を
     感じる。英語バージョン後半の音注意。英語の読み。音は前に(体は
     前にいかないようかかとでとどめる)。
 Jさん:「Desperade」
     足踏み、手振りしながらマイク持っているつもりで歌ってみる。
     自分の中のノリ。英語読み(鼻に三角に手を添えて)、三角の頂点で。
     鼻先軽くなでながら、そこで「ミィャ」。英語は前で。
 Kさん:「Sogno」
     「マ」で歩きながら歌う(リズムとる必要なし、スーッと歩く)。
     ゆったりと頭だけはまっすぐに地面感じて歩く。ゆっくり歩くと体の中に
     キュッと固まった感じに。
     ◎少し前傾で胸を軽くたたきながら歌う。(ゆるめる)
     ◎両手上にブランと上げ、ひざも少し曲げ、背中で保つ。
      かかと、腰骨ひとつのライン。
     ◎肋骨 横をやわらかく使う。
 Lさん:「からたちの花」
     顎に人差し指あてて「ラ」で。下顎はぶら下がっているだけ。「ラ」で
     早く大きなフレーズで。かかとと腰で重心はとっておく。ワンフレーズ
     しゃべってから歌う。言葉をまず読むこと。メロディーだけ「ラ」などで。
     合わせたときのバランス。

◆本日の感想
 テーマ「私の好きな歌」。各々皆さんの個性が見えて、とても新鮮でした。
 曲に幅があってとても楽しそう。最後の試演会までにどれだけ変わるか楽しみ
 ですネ。
関連記事