FC2ブログ

表現・発声クリニック(11/5)                          《共通系》

11/5 表現・発声クリニック

(0)講座(磯貝塾長)
  ・口腔をあける(広げる)鼻腔をあける(広げる)。

(1)呼吸エクササイズ
  )口の中、歯の外、唇の中の部分に息を吹きためる。
  )息を流し続けて口内の息をまわす。
  )下唇に息を当てながら吹く。
  )上唇に息を当てながら吹く。 →上唇の真ん中に息を当てながら吹く。

(2)喉で鳴った音を口の中で響かせる。そのための口腔の容積を広げる。

(3)口の中を縦に開ける。
   ~歯をかんで口内を上下に広げる。
    舌を細くする(心臓に向かって舌を引っ張る感じ)。

   ※口の中の筋肉をコントロールできるようにする。
   →筋肉(舌)をコントロールすることによって口の中の容積が変化し、
    色々な響きの声が出るようになる。

  ・エクササイズ
   )口の中の容積を広くし、舌を細くする。
     ことばの場合は腹部は膨らむ。
     歌の場合は腹部はへこむ。
   ))の状態で細く声を出す。息は流す。(口の中の壁、ほほの内側を鳴らす)
   )アンダーコードの響きをつくる。
     声帯を柔らかく接近させたまま、声帯の下で空気をまわす。
     支えは鼻の下と丹田。
     唇の前の煙を瞬時に吹き飛ばすようにため息を吹く。唇のすぐ前の空気を吹く。

(4)鼻腔音
  ・マ行、ナ行の響きと発声。
  ・呼吸は口を閉じて勢い良く鼻から息を出す。
関連記事