FC2ブログ

朗読の声とことば(1/13)                     《共通系》

1月13日(日)朗読の声とことば

講座テーマ「昔話を読む(1)」

[1]ストレッチ(磯貝塾長)
 ・表現のためのストレッチ。リラックスするだけではない。
 ・正座位での イ)中心取り ロ)重心降ろし ハ)呼吸運動
  ニ)発声練習、たて口にし、軟口蓋、硬口蓋、ノドを降ろす
  <舌の練習>①ノド~胸声 ②ノド~首後ろ ③ノド~頭

 ・言葉を作る=エネルギーが高いことを求められる。形やささえの正確さ。
 ・声をつくる=呼吸と関連した全身作業でストレスがかかる。

[2]民話(folks reading)読みの特徴
 ・リーディング(昔話、民話、説話)
 ・地域の伝承(風俗、土地に住む)
  とても固有性の高いもの(生活から研ぎ澄まされたもの)
 ・人間の生命の実感(死ぬの裏側)に満ちている
  芸術(生きることを死からとらえる)的毒性がある。
  宗教(わりと肯定的である)性も持っている。
 ・世界中の民話は時間空間的に普遍性が高い。
 ・民話の中には、原始宗教的なアニミズムが強い。
  違いさ(東北の民話、九州の民話)
  Fieldの作り方(自分の状態の作り方)
  勝手なことをやらない。伝承することを意識する。

[3]「淡路人形」を読む
 ・語に迫力を持たせる(恐ろしくて怖い話をする)。
 ・3人で組み読み
 ◎読む人間に力がある。声が多彩/切り替え
  最初から印象付ける→役者とは魅力(カリスマ)が必要です。

◆本日の磯貝語録
 朗読は、詠み人に魅力と声の力と語り口がないと始まらない表現の世界。 

◆本日の感想
 読みはじめで「オーッ、すごい人が読んでいる。すごいぞ!」と思わせるとは、
 何とも役者の基本ですね。魅力がないとできないですね。声だけの朗読は、
 読み方に魅力がないと始まらないのですネ。
関連記事