FC2ブログ

朗読発声(2/1)                         《ことば系》

2月1日(金)朗読発声

講座テーマ「詩読み 百人一首朗詠②」

(1)ストレッチ(各自)

(2)百人一首について前回のおさらい(谷田講師)
 ・文字がない頃に声にして詩っていた
 ・和歌には表の意味と裏の意味がある

(3)百人一首朗詠(ひとりずつ回し詠み)
 ・16番から自由に朗詠(意味も)

(4)百人一首の施律(磯貝塾長)
  変遷:唱名→俗謡→民謡
  基本旋律 ラシドミファラシドミファ(全音符)
  練習旋律 ドミファラファミドミ(全音符)

 ・五七練習旋律
 例)ドミ ミ ミ ミ ファラ ラ ラファファミ ミミ ミミミ
   あきのたのー か りほの いお の とまを あらみー

   ド ド ド ミ ミ ミ ミ ミ ミ ミ ミ ミ ミ ミ
   わがころもではーつゆにぬれつつー

   (上がったら下げる、下げたら上げる)

 ◎昔は譜面がなかったため伝承だった 
 ・それらの残ったものの代表は雅楽。現在は皇室以外演奏不可。
 ・雅楽の舞歌などは葵祭りなどで庶民も見られた(る)
 ◎和歌はそもそも自分で作って詠むものだったが、今は作る人と詠む人が
  分かれた(作って詠うのは、今ではシンガーソングライター)

(5)旋律を使っての朗詠(各自)
 ・五七練習旋律でとにかく詠んでみよう。
 ・五七練習旋律を基本にして、ことばの意味にあわせて音の高低を変える。

 例)ド ミ ミ ミ ミ ミ ミ ファ ラ ラ ファファ ラ ラララファファドミ ミ ミ ミ ミ
   はーなのいろは う ーつー   りーにけりー  な いーたずらにー

   ドド シシシシレ レファファラ シシラファ  シレファラファレシ
   わがーみよにー ふー る - ながーめ  せしま あー  にー

 ・昔は文字ではなく口伝えで伝えなければいけなかったために、覚えやすく
  するための旋律があった。
 ・国を支える仕事として詩を詠まなければならなかった。(行幸)

◆本日の磯貝語録
 表現は各々の考え、各々の方法で誰でもできるが、芸は考えも方法も技として
 訓練し、その先にあるもの。

◆本日の感想
 和歌の朗詠施律を5線譜を使い、ピアノを使い教えていただいた。文字だけの
 和歌が3次元、4次元へと広がった感じ。自分で創作する面白い世界へ第1歩
 を踏み出した。
関連記事