FC2ブログ

歌発声入門(2/22)                        《音楽系》

2月22日(金)歌発声入門

講座テーマ「日本語のさばき方:リズムをつくる」

(1)各自ストレッチ

(2)発声練習(加藤講師)
 ・ハミング
  音程が変わっても頭蓋骨の中の響きは均等に。息の流れは円を描くように
  循環するイメージで。音程が上がっても円の上端は上がらない。
 ・口をたてにあけてほほ骨に響きをのせる。下あごに力を入れない。

(3)打楽器練習と歌唱(磯貝塾長)
 ◎ずいずいずっころばし
  歌いながらリズムをとる(基本は表拍で打ちつつバリエーションを加える)
 ◎おもちゃのチャチャチャ
  「チャチャチャ」の部分を打つ(マラカス、すず、タンバリン)
  間奏部分は2チームに分かれて 表チーム、裏チーム(バリエーションあり)
 ◎向う横町 木魚、タンバリン、ディスク
 ◎みかんの花咲く丘→宿題:各自由曲に合わせて作詞する。1~3番でストー
               リーが作れると良い(そして歌う)

 <リズム合奏と歌>
 多種類の打楽器を各々打ち分け、曲を作ってゆくのは楽しい。歌だけの練習
 はすでに終了しているが、楽器が入るとなかなか両立しにくい。特に、打楽器
 を打つときに、肩、腕、首などに力が入ると、歌もうまく歌えなくなる。足や身体
 を使いリズム取りをするとき、軸をくずすとリズムが狂うので注意すること。

◆本日の磯貝語録
 ◎音楽の初期は、何たって楽しいのがよい。
 ◎リズムは合わせようとするより、乗ってしまったほうがよい。
 ◎音楽の音は出してから確認すること。出す前に考えてもだめ。

◆本日の感想
 久々の参加で、歌い方もすっかり忘れてしまっていた。打楽器のリズムに乗
 って歌うことの楽しさを味わうことができました。打楽器を使いながら歌うのは
 難しいですね。
関連記事