FC2ブログ

歌発声初級(2/9)                        《音楽系》

2月9日(土)歌発声初級

講座テーマ「私の好きな歌③」

[1]個人レッスン
①Aさん(からたちの花)
 肋骨えびそる感じを保つ。喋る時との語感、エモーションの違い。
 「か→ら」顎を使ってもっと喉を開けようとする。「か」→弓をぐっと引いた後ろで。
 男声→①胸にのせる→②背(肩)に響く→胸声共鳴
②Bさん(sogno)
 正座(ひざ開き、重心は前に)。苦しくなっているところが邪魔をしているところ。
 ごまかさないで。微動だにしないままでよい気持ちになるところを見つける。
 背骨に響かせる。
 Bさん:道が2つある感じ→磯貝塾長:前後のバランスと息の流れ
③Cさん(メモリー)
 歌詞を喋る→前の人に向かって喋る(自分にむかわない)。
 「読まない」詞を歌いながら喋る。実感を前に出して。
 特定の人に向かって目でも喋る(言葉、メロディー早く覚える)
 「地声と裏声」
  1.顎を手で固定。後肩へ響かせる。首の骨響かせる。
   発声…低音の胸声を覚える。
  2.笛の位置で。
④Dさん(Desperade)
 単語ひとつひとつのアクセント位置、できれば発音記号まで調べる。これを
 しっかりわかった上で崩す。韻を踏んでいるところ。子音をしっかり出して
 ニュアンスを。
⑤Eさん(O mio babbino caro)
 「a」…上あごを舌でなめて、その奥で。高音は息の速さで変わる。高音変化は
 階段をのぼらずスケートのようにスーッと前に流す。
⑥Fさん(星から降る雪)
 一度ファルセッティーノをつくる。上の声で歌う。声帯ではなく、その上を響か
 せる。
 声帯はいつも開け放し。「鳴り」ではなく「息」を感じる。響きをつかむ。
 口を開ける→顎関節の開け。
⑦Gさん(千の風になって)
 喋る。そのまま歌う。余分なことは言わない。地平線を自分の胸の位置に。
 そこを意識して。言葉を喋る。前に向かって歌う。
⑧Hさん(Amazing Grace)
 母音を長めに喋ってみる。母音に息を流して歌う。呼吸するためには胸を落と
 さない。
 鼻頭をいつも感じて。肋骨広がって息が入る感じ。
⑨Iさん(雨に唄えば)
 喋る。「r」はあまり巻きすぎない。「L」はべったりくっつける。「F,V」は下口唇を
 少しかむ。
⑩Jさん(おおシャンゼリゼ)
 小鼻の位置を意識して響かせる。リズムにのって足踏みしながら歌う。頭のて
 っぺん、おでこの前に手を置いて歌う。 

◆本日の磯貝語録
 個人レッスンは、その人の事情に合わせたことをする。そのため、聴く人にとっ
 て参考になることも多いが、そのまままねをしてもだめ。

◆本日の感想
 寒くなってきたせいか皆さんの出席率が・・・・・。でもその分、じっくりレッスンして
 もらえますね。ちゃんとこないと損ですよ。
関連記事