FC2ブログ

歌発声初級(2/23)                        《音楽系》

2月23日(土)歌発声初級

講座テーマ「私の好きな歌④」
[1]個人指導(磯貝塾長、青木講師)
 ①Aさん
  高音で喉を閉めない。レチタティーボは言葉を積極的に大人の言葉になるよ
  うに。子音を早く用意する。言葉のスピードを出して引っ張っていく。
 ②Bさん
  関節をゆるめて力が入り過ぎないように。息が苦しくなったら、後ろにそっくり
  返っていくように。前に来ると余計に苦しい。言葉を覚えてくること。
 ③Cさん
  言葉の長さの崩れを直して(リズム)。縦口にセットして鼻で歌う。鼻の奥と鼻
  はいっしょ。
 ④Dさん
  「知ってる」からは、言葉にパンチを効かせて。子供っぽくしない。音楽的に。
  腰の支え。この曲は胸にのせて前へ。(低いポジション)
 ⑤Eさん
  ショルダーブロック。肩と首、後ろの肋骨で。下口唇の中側を使う。息の流れ
  を感じて。前肋骨の支えをゆるめない。最後までどう歌いたいのか、自分の
  中で徹底する。
 ⑥Fさん
  原調C durに戻す。鼻(奥ではなく)を使って英語をさばく。喉に落とさないこ
  と。鼻歌。
 ⑦Gさん
  歌詞を読む。言葉のフレーズを長く取る。ぶつ切れにならないで一本で。
  読んだままで歌う。声は出てきた。自分ではなく、前にいる人に語りかける
  ように。そのためにスピードアップなどしてよい。今は、言葉主体でもっと語
  る。そしてテヌートなどの音楽性を。
 ⑧Hさん
  丁寧にやりあげるように。目頭のところに響かせる。口にとめていないで、
  鼻に押し出してやる。喉にとめない。頭蓋骨を鳴らすように。1階(口)にある
  もの、2階(頭蓋骨)に持ち上げるように。
 ⑨Iさん
  「おもちゃのチャチャチャ」に決定。最初の音、きちんと首でとる。
  「チャチャチャ」→「おもちゃ」を抜いてしまわないように。喉を使って首の
  後ろを響かせる。この歌を使って楽器をつくる。
 ⑩Jさん
  「Lo」で口の両側に手をあてて、その幅で歌う。「No」で「Lo」と同様縦口で
  鼻(マスク)を使って。目頭にのせたまま、もっと前へ前へ。そのまま言葉で。
  横に広がっていかないよう、縦のままで。ほほ骨と眉間3つの山。
  目頭のところで喋る。高音は尾骨までの背骨全てを使って。ブレスをもっと
  入れる。言葉の切れ目で。
 ⑪Kさん
  歌詞を語る。「~る」語りかけることは難しいが、それでも語る。「~下さい」
  など語尾でとめない。語ったように歌う。必ず相手がいるように。気持ちよく
  なるところは1ヵ所作っていいが、他の部分はきちんと語りかける。
  ブレスは前に準備する。そんなにたくさんの量はいらない。首、肩の後ろに
  響かせる。歌いやすい位置をみつけていく。
 ⑫Lさん
  歌詞の入り方(リズム)注意。楽しそうに歌う(足踏み)。かっこよく歌う。
  女の子をエスコートし、相手に「ついて行きたい。」と思わせる。「こういう
  カッコだから、こういう声が出る。」

◆本日の磯貝語録
 ◎声がかすれたり痩せたりするのは、横首、後首の支えと響きが足りない場合
 が多い。
 ◎歌の音楽は"形"。その中で、言葉の意味や心が充満する。

◆本日の感想
 磯貝先生による全員の個人レッスン。ひとりひとりがレッスンの間に歌がどんど
 ん変わっていくのは聴いていて大変面白い。次回試演会で皆さんの歌を聴け
 るのが楽しみ。今まで意識しなかった胸声が重要だとわかった。
関連記事