FC2ブログ

表現・発声クリニック(2/14)                    《共通系》

2月14日(木)表現・発声クリニック

講座テーマ「ラ、ダのさばき」

[Ⅰ]各自ウォームアップ
  体のロールダウン

[Ⅱ]構音調整
 ・舌づかい(タンギング)の練習
  多くの人がn行、t行などタンギングを必要とする発声で下顎を使って代用
  させてしまうので、顎を固定して発音できるかやってみる
  (ナ、ラ、ダ、タ、ガ、カ)

 ・舌の力が弱いと思ったら、オトガイ筋や舌小帯を意識して締める。

 ※発語の際に一概に口をよく動かすというのは間違い

 ・Ne Ne Ne Ne、Le Le Le Leなど単音を連続させて言ってみよう。
  上顎(硬口蓋)にしっかり舌を当てて、弾く。上顎の意識はうがいして実感す
  る。
  歯の内側で音を作ってしまう。        

  n行はしっかりと鼻まで使って。
  下顎をだらしなくすると構音がまずくなる

  舌の使い方として、n音は舌先を前に、r音は舌先を後ろに。
  上顎を弾くようにすると音がクリアになる。

◆本日の磯貝語録
 舌と下顎を分離して構音することで語音感はよくなる。
 舌が生き生きすることで音が良くなる。 

◆本日の感想
  毎回"そうだったのか"と気づかされたり納得することが多く、驚いています。
  ましな言葉や、ちゃんとした声が出せるように、普段からいろいろと気をつけ
  なくてはいけないと強く感じています。
関連記事