FC2ブログ

歌・演奏(5/8)                          《音楽系》

5月8日(木)歌・演奏

講座テーマ「歌唱-アリアを演唱するということ」

[1]各自ストレッチ(15分間)

[2]発声練習
 ・1-a:「Me」で。どこに響かせれば美しい音になるか、自分で探りながら出して
   いく。鼻から上の響き、眉間の辺りの響きを常に置いておく。(息の高さ、息
   の位置)
 ・1-b:「Ma」で。フレーズを作る。口が歌っていない。歌う前の準備が大切であ
   る。
 ・1-c:「Ma」で。高音域は押さず、響きと息の流れで歌う。口が遅いので注意。
 ・2-a:「La」で。舌の先を尖らせて。自分で勢いをつける力がないと音楽家に
   はなれない。センスを身につけること。(オトガイ舌筋の支えを使う)

[3]歌唱練習
①“アイスクリームの歌”
 ・足を止めない。指先まで動かす。重くしない。全身でやること。受身でなく、
 能動的に細部まで表現すること。
 ―書いてある譜面をどれだけ魅力的に出来るか。自分で魅力的なものに作り
   上げる力が必要。
 ・今はまだ興行上のウケをねらった演奏の仕方が多い。もっとアカデミックなも
  のが良い。話し言葉をしゃべるのではなく、話し言葉を歌えるのが良い。
 ・伝えること。伝えられた人が共有できるものを提供する、発信、演奏する。
  発する人間と受ける人間との間に隔たりがないこと=Service。

②“Una voce poco fa”
 1)原語の歌詞を読む-一人ずつ。「~la vincero」まで
 ・最後の母音は広くしないこと。最後についているアクセントをしっかり出す。
 ・「Lindoro」の「Li」はもっと舌をはたく。人の名前なので最後までしっかり出す。
 ・「Si」の音に注意。日本語にはない発音。

 ※アクセントについての発表:担当杉野(「´」ナチュラルアクセント「`」強調)
 ・下顎に落とさないように。上あごに当てて調音すること。
 ・“読む”から“しゃべる”へ。“しゃべる”場合は相手がいる。相手に対し発する。

 -各自歌詞をしゃべる練習(読みから喋りへ)

 ・その気になれるかどうか。外と計りながらやっているが、自分がその気に
  なっていない。ロジーナを演ってみたいと思うこと。中途半端だとかえって恥
  ずかしい。
 ・“なりたい”ではなく“やってみたい”と思うこと。

 Q:なぜオペラをやりたいと思ったか?
  オペラをやる=役を演じる という思考はあるか?

 ・オペラは人間が生きている瞬間を音楽で表せるか、というのが醍醐味。

 ◎「美しいメロディーと甘い言葉、非現実的なシチュエーション・・・。オペラアリ
  アは具体的、生きた人間のとてもリアルで生々しい一個まである事を忘れ、
  抽象的で頭の中のつもりの世界としてしまうと、死んだとても奇妙な世界とな
  ってしまう。それは一般の人がオペラから離れる原因となる。」

◆本日の磯貝語録
 ・その気になること。気が低いと恥ずかしいか、失敗するか・・・。
 ・劇の役を演じるのは知らない人の別の人生を出来るから。

◆本日の感想
 ・律動感は自分からつける力がないとだめ。
 ・自分がその気になることから始まる。
関連記事