FC2ブログ

歌・演奏(5/29)                          《音楽系》

5月29日(木)歌・演奏

講座テーマ「試唱会」

[1]リハーサル

[2]試唱会
 1.Aさん シューマン/「Die Lotosblume」
 2.Bさん シューマン/「Mein Rose」
 3.Cさん ブラームス/「Immer leiser wird mein Schlummer」
           (私の眠りはいよいよ浅く)
 4.Dさん R.シュトラウス/「Morgen!」
 5.Eさん G.Rossini/「La promessa」
 6.Fさん シューマン/「Widmng(献呈)」
 7.Gさん F.P.Schubert/「Der Linden baum」
 8.Hさん F.Schubert/「Gretchen am Spinnrade」
 9.Iさん 中田喜直/「サルビア」

[3]講評(磯貝塾長)
 ・全体的に歌曲を歌えるようにはなってきた。が、まだ聴かせるようになってい
  ない。本人の執念がないと“聴かせる”という域には行かない。
 ・“聴かせる”ということの実感をつかまえなければいけない。
 ・「これを歌ってないと生きていけない」というものがなければ歌曲は
  聴かせられない。(自分の中の音楽を表現する。cf.オペラの場合は“役”を
  表現する)
 ・語と語との接点が厳格になっていなければドイツ語は歌えない。下顎と舌の
  使い方が重要。舌の広さは日本語の1/3。下顎の支えを強める。
 ・マスクがないとドイツ語は弱い。→どんなに低い音でも鼻腔共鳴があること。
 ・子音の出し方が甘い。「m」「k」など正確なポジショニング。
 ・言葉のフレーズの取り方が歌謡曲っぽい。言葉のフレージング、メロディー
  に上手くのせて繋げる。言葉のスピード感と息のスピード感が大切。
 ・くちびるの構え(顎は開けておく)
 ・基本は胸声。胸に響いていること。
 ・マスクの響きと、胸の響き。音が低くなるほど上の響き。
 ・奥歯と舌が離れたところの響きが足りない。
 ・自分がメロディーを作り出すこと。ピアノの伴奏をもっと聴いて音楽をつくる。
 ・言葉の構えが遅い。言葉は前につくる。後ろに作るとその分言葉が遅くなる。
 ・鼻翼から上に息をもっていく。目の横の響きがなければだめ。
 ・吸気は鼻穴から額の上部に向かって吸い上げること。
 ・軟口蓋、蝶形骨、鼻の篩骨のことを改めて勉強していく。

◆本日の磯貝語録
 “聴かせる”という執念がないと“聴かせる”ことはできない。

◆本日の感想
 歌曲試唱会。ドイツリートが多く、色々の曲が聞けて勉強になりました。「歌う
 事と聴かせる事の違いをはっきりする」(先生は)確かだけど難しいです!!
関連記事