FC2ブログ

声・ことば表現テーマ別(5/11)                  《ことば系》

5月11日(日)声・ことば表現テーマ別

講座テーマ「泉鏡花 天守物語」
[1]歩行チェック
(1)2人で向かい合って歩く+会話をしながら(喋りながらキレイ歩けるか)

(2)1人直線歩行と五母音発声
 ・踵を出す・肩は自然に振る・腕は胴の少し後ろに引く。背中や頭で顔をコント
  ロールする。
◎見られている、見せているという意識を半々で持つ。ほおばった状態で言葉
  を入れる→浮き気味に
 ・イ(中心から)、エ(口の中で響きをつくる)、ア(歯に当てない)
 ・オ(懸壅垂。出した音が戻ってくる)、ウ(唇音はダメ。口の前でうがい)
 ・ウは喉・鼻で響かせる。本来はエネルギーの高い音なので出すのが大変。
 ・自分の喋っている実感よりや、口のどこにあたっているかよりも、全体で調和
  の取れた響きをつくる。
 きちんと佇まったらば、イエアオウができる そして歩く
 ◎これは非常に大変なこと これをやる

(3)再度、2人ペアになって喋りながら歩く(会話) 歩きながら語るのを見せる
◎何かを始めたら「見せている、聞かせていると強く意識する」
 →役をやるのであって、自分をやらない。
  客がいるステージだとという意識を持つ(稽古段階でも)
 →「人と共有できる意味を持つ」→ 生命感=美意識
   これを新たに作ることが、私たちの仕事。
 ・根源的なものがあるか、今はそれが欠けている。
 ・どうなるか分からないから、流される。何をどうするかを明確にし、具体化さ
  せる。
 ・「先」は、何なのかを考えていく。漠然を思わない。サンプルはない。

[2]テキスト演習「天守物語」
(1)概論と復習
 ・鏡花を大きくつかむ
 ・天守物語を大きくつかむ
    →これを常に抑えておく。

 ・我々の仕事は、テキストをそのまま表面的に整えることではない。
 様々な解釈をして、新しい世界として提示することである。
 ・冒頭シーン:意味がつけられなくてはいけない

 ◎解釈と意味づけを明確にする。

 *幕が開いたら、いかに早く"こういう世界なんだ"ということを客に分からせ
  るか。
 *役者と作家しかいない。演出家が幅をきかせているのは、役者が勝手がで
  きない ダメ →役者の勝手が勝手すぎるのもダメ。



(2)読み合わせ
◇P81~ 天守夫人登場まで
 ・幕開きのシーンは、何を現そうとしているのか?
 ・P79のト書きから探っていく。
 夫人が帰る前に花を釣っている→天の花or地の花か→解釈は?
 セリフの意味を探る→他愛のないセリフの意味づけが難しい。

◇P81 L3から
 ・「いい見晴らし・・・」とは? 薄はいくつなのか?
 ◎セリフを鵜呑みにしない。何を意味しているのかを必ず考える。
 ◎役をもらったら、自分なりにつくってくる力が必要。あわせてみておかしけれ
 ば、どんどんとつくり変えていく。複数のつくりができるように。
 ◎芝居は役者がつくるもの。個人で役はきちんとつくってくる。

 ・四重、五重のあいだに断絶がある。五重は別世界。四重、五重の差は何か?
 ・獅子頭が動く・・・など → 現実世界と霊界。

 ・時間や起こっていること、人間関係などを、文学的にとらえることと、
 上演するために-何を見せるか、どう聴かせるか、どう空間化するか-
  →これは、役者が考えることで、演出家が考えることではない。
   きた役をものにするために、発明をする力が欲しい。

◇P81 L7
 女郎花のセリフ→具体的だが何を表しているか。
 ・五重は、外から認識はできるのか。上からみると下からみるとどんなふうに
  見えるか。
 ・次元の違い→五重でおこっている世界はなんなのか。
 ◎意味づける→意味づけるのが芝居なのだ。

◇P79 L11
 ・視覚的な説得性が薄いと、客には分からない。
 (見せたら、その役を性格づけることになる)

 ・役の日常をつくる。細かく読み込まないと演じられない。
 ・書いてあることだけをやらない。生活を造りだすこと。
 ・役がどんな仕草で、何を伝えようとしているか。セリフ外のときに、何をしてい
  るのか。それらを埋るが、役者である。
 ・五重の世界を具体的に想像設定する。
 ・下界と何がどの様に同じで、何が違うのか。
 ・侍女たちは何だろうか。→仕事なのか、死なないのか、年は?日ごろはどう
  しているの?

 *役者は、宝探し。そのままをやらない。

◇P85 夫人帰宅から
 ◎シーンをつぶしていく。
 ・夫人と薄が対話をしている間、他の侍女たちは何をしているのか。
 ・とっても具体的にしていく、しかしファンタジーを出して。
 ・薄と、他の侍女との関係?現実的なところ、ファンタジーのところ
 ・夫人の移動手段は?空を飛ぶ?など、いろいろつくり出していく。
  その仮想そのものを頭から取り出して実際のものにする。でなければ、演じら
  れない。
 ◎どこまで広げられるか。深められるか。どんでん返しをつくれるか。

◇ P90~L10 読み合わせ
 ・地上界の様にリアルな世界
 ・魔界、霊界など、非リアルな世界
     ↓
 これらをどう具体化していくか。
 適当なところで終わらせず、より細かく考えて行く。
 ◎セリフの少ない脇役を、しっかりとつくることがおもしろい。
 ◎セリフの多い役は、身動きできない。脇ができてくると、姫君たちもできてくる。
 ◎キャラクターが、実在的、非実在的→非実在的なほうが、多彩な声が必要。
 思いつきよりも、考え出す

◆本日の磯貝語録
 ・書かれた文字は、その裏に沢山のものを含んでいる。
 ・喋るその言葉の中には、沢山のものが含まれている。

◆本日の感想
 いい役者への道は果てしなく遠い。
関連記事