FC2ブログ

歌発声中級(3/6)                        《音楽系》

3月6日(木)歌発声中級

講座テーマ「試演会」

[Ⅰ]各自ストレッチ 

[Ⅱ]ピアノあわせ

[Ⅲ]試演会
 ①Aさん "Se tu m'ami" "Già il sole dal Gange"
 ②Bさん "Caro laccio" "Già il sole dal Gange"
 ③Cさん "Già il sole dal Gange" "Caro laccio"
 ④Dさん "Già il sole dal Gange" "Se tu m'ami"
 ⑤Eさん "Già il sole dal Gange" "Se tu m'ami"
 ⑥Fさん "Già il sole dal Gange" "Se tu m'ami"

[Ⅳ]講評
 ①Aさん
 磯貝塾長:顎を動かすと喉が動いてしまう。その点について、自分を知る必要
      がある。声帯が荒れてきている→声がザラザラしている。少しずつで良
      いので、いろいろなことをやる。喋り方を大改革していく。
 森下講師:肩、背中が語りすぎている。[d]→[n]、[B]→[m]に聞こえるので注
      意。声のつやが出てきた。
 ②Bさん
 森下講師:チャーミングな世界を持っている。響きが口にある。開けて、前に
      出てくると良くなる。
 磯貝塾長:声質が良いのに聞かせない。息が低いのも原因のひとつ。日常と
      の切り替えをする。背中、腰の使い方を覚える。なんとなく歌っている
      だけでは上手くならない。
 ③Cさん
 磯貝塾長:首と喉の力を抜いてffからppまで出せること。共鳴が変わる
      (息むら)。自分の問題と外側の問題を混ぜない。自分の問題は自分
      がやっていると思わないこと(悪魔がしている。自分で悪魔祓いをする)
 森下講師:シューマンをやって良かった。音楽が丁寧になった。響きを探して
      いる間はそこには行けない。背骨、腰、下半身が歌う姿勢になって
      いない。
 ④Dさん
 森下講師:喉が降りていない。身体は楽器。楽譜は正確に覚える。
 磯貝塾長:楽しんでいない。自分ではやってはいけないと思わないこと。
      若さの特権がある。おもしろかったことを5つ、良かったことを5つ、
      毎日書くこと。
 ⑤Eさん
 磯貝塾長:喉の位置の問題。音楽に対して悪魔が住みやすい状態である。人
      にどうにかしてもらうことではない。自分のことだから自分でする。
      (悪魔祓い)
 森下講師:しっかり暗譜をする。自分の精神状態の悪いまま出てきた。
      そういうときほど、丁寧に歌ってほしい。
 ⑥Fさん
 森下講師:中低声が安定してきている。息の使い方、鼻の使い方はもう少しす
      ると良くなる。どういう音楽をしたいか見えてこなかった。下がしっかり
      降りていないと上は開かない。丁寧。
 磯貝塾長:高い音は高いという考えを捨てる。下のない高い響きは高声ではな
      い。ちゃんとした胸声を覚える。胸声は絶対鼻にかかっていないとだ
      め。笛の訓練と歌の歌い方は違う。

 <総評>
 ・今までやってきているのに変わらないのは、自分の責任である。音楽をやる
  限り責任がある。音楽に対する概念が変わって笛が変わる。自分で内側を
  研究することではない。講師は助けることはできるが、自分のことは自分で
  やる。
 ・発声練習をしていない。
 ・全員、自分の持っているものを伝えているのに必死になっていない。
 ・聴く作業を来期は行う。

◆本日の磯貝語録
 ・音楽である限り許せないことがある。

 解説:音楽をするとは、音楽を自分化して崩してしまうことではない。そういう自
    由はない。音楽をするとは、音楽に必要なことすべてをやろうとするとき
    に、音楽が生きる。自分の勝手で音楽を殺すこと。それは許されない。音
    楽の神は寛容なので許してはくれるが…。
◆本日の感想
 歌の演奏中に、どうしようかな、あれちがっちゃったな、とか思っている限り
 良い歌にならないことを実感しました。歌が少し難しくなると、いろいろ考え
 ないとうまく行きません。でも、考えていると歌になりません…ウーン、難しい!!  
関連記事