FC2ブログ

俳優発声初級(3/11)                      《ことば系》

3月11日(火)俳優発声初級

講座テーマ「試演会-母音調音チェック」

母音試演会[調音点、声量、息位置、喉鳴り、口腔、舌、支え、構え、意味]

1.Aさん
 奥の母音が不自由である。音で意味を捉えるようになるともっと良くなる。
 ア、オ、ウの段が口を横に広げすぎている。口の中で音を大人にしていくこと。
 イ、エ、ア、オ、ウのばらつきが少なくなった。

2.Bさん
 2回目なので厳しくしています。エ段とオ段が良い。癖があるので、早く読まず
 に口の中に1秒ほどとどめること。

3.Cさん
 語尾の母音を気をつけること。最後まできちんと読むこと。母音のアが暗い。
 調音点を明るく、オが広い。ウの音がもっている無限性を出せるよう、
 ポジションの作り方を変えること。

4.Dさん
 ウは良いです。声が出るようになりました。喉が強くなってきました。
 ア、エ、オの母音の舌の作りが広い。息を外に出しすぎている。

5.Eさん
 唇を横にひく癖があるので、縦口にして自分の口の中の音を身体に響かせる
 ようにする呼吸法をきちんとすると、鼻音がもっときれいになる。喉の作り方、
 喉の鳴らし方を覚えていくこと。

 ・音を聞く能力があるかどうか。音の中に意味がある。人間の発する中で1番
  大きなものが音である。声は音である。音になることで、言葉になる。

 ・音にも"格"があり、音(声)を聞くことで人格まで分かってしまう。しかし、
  日本ではあまり重要視されていない。

 ・声をねることで人格がねられる(世阿弥)。

 ・日本語は、これからの語である。まだまだ変わっていく。日本人が
  良い日本語を国際語にしたいと思うようになっていくための先駆が
  VASCである。

 ・人間同士が伝わるための言語は、人格もきちんとした良い音である必要性が
  ある。

 ・ただ喋っているだけでは、情緒が圧迫されていく。声と言葉に自信があれば
  どんな人とでも話していけます。

 ・身体に声と言葉があるんです。

◆本日の磯貝語録
 ・アーティストは、日常の自我意識で仕事はしない。アーツのインスピレーショ
  ンに従い働くとき、その結果アーツが実現する。
 ・芸人は究極な愛や美のサンプルになり得る。

◆本日の感想
 やはり、講座を重ねる毎に、語、言葉、音に対する意識や感覚が変わってきま
 した。こんなにも、一音一音、一語一語意識を集中して発することなど、日常
 生活には全くありませんでした。皆さんのを聴いて、すごいことをしているなと
 思いました。
関連記事