FC2ブログ

俳優発声中級(11/9)                            《ことば系》

11/9(水)俳優発声中級

[1]ストレッチ(各自)
[2]喉合せ
  1)四股立ち
  2)輪になって喉合せ
   ・裏声―鼻から息を前に出す。喉に力を入れても強い声にならない。
     ※裏声を出すことができないと、裏声(の状態)を聴き取ることができない。
   ・狼鳴き
[3]先週課題発表残り(「靖国問題を思う」)
  参拝の形でなく本質。戦争の罪を認める精神が大事
  磯貝講師コメント・・・一般化は避け「役者」・「アーティスト」としてという視点を必ず入れること
            自分の意見を出し、必ずその反対があると考える。自分の意見を複数持つ
[4]声
  1)ヒソヒソ話し(母音を無声化して喋る)
   ・二人ペアでやってみる
     普通に近くで
       (演ずる場合)・普段との違い―息の出し方が思いきり深くないとダメ
              ・無声―母音が無声(聞かせようと思ったら有声よりエネルギーが必要
              ・効果的に使える(際立てる)
     1メートル離れて
              ・丹田入れて喉を開ける。重心を下げる。
              ・子音の極大化
              ・伝えようとする意志は強まる
   ◎「アンダーコードの声のひびき」
      アンダーコードとは声帯の下の部分を使い、その反対(上の部分)はアッパーコード
              (安定した精神状態の場合はこの状態)
   ※ホイスパー後の回復方法
     演じる声はアンダーコード声がよいが、ホイスパー(無声息語)では、息が声道を強く通る
    ので、声帯の回復が必要。アッパーコードで裏声発声をして柔らかく回復すること
関連記事