FC2ブログ

歌発声(6/21)                          《音楽系》

6月21日(土)歌発声

講座テーマ「リズム振りづくり(リズム楽器を使い)」

[1]発声練習

<テキスト1a>「Pa(パ)」
<テキスト1b>「Pe(ペ)」
<テキスト1c>「Pi(ピ)」(少し軽めに)
<テキスト1b>「La(ラ)」(早めに)舌先を使って

 ※両鼻に息を流す。(舌先下の歯につけて、前。舌は楽に。)
 ・眉間のあたりまで、鼻の骨響かせる。
  横に広がらないで、三角のところで。
 ・低くなってくると、胸の響きが加わる。

[2]テキスト歌唱
<♪証城寺の狸囃子>
①楽器を使ってリズム打ち(2組二種のリズム)
 Aグループ (ピアノ伴奏の)下の段
 Bグループ (ピアノ伴奏の)上の段
 ・8分音符=1打/4分音符、2分音符=連続してジャカジャカ/
  16分音符刻み(休符も含めて)1拍分=連続してジャカジャカ/
  「ポンポコポンノポン」=リズム通り打つ。
②今打ったリズムを(楽器持たず)打ながら歌う。(③の準備)
③楽器打ながら歌う。
④AとB一人ずつペアになって。
 ※「つきよに」・・・早くならないように。Bの人特に気をつける。
 ★一人の人間が2つのことをやるのは難しい。
  足のリズムが無くなると辛くなる。床にリズムを。

<♪上を向いて歩こう>
 楽器を使ってリズム打ち
 【基本】
  Aグループ 2と4拍を2つずつ刻む(4拍は半分だけ)● トオ● ト・
  Bグループ 1と3拍を頭打ち            1 ● 2 ●
 【共通】 
   あーる「こうーーー」
   こぼれない「ようーーに」 4つ打ち
  ※3番、口笛の後、「おもいだす」から楽器なし。(次の「上を向いて」から入れ
   る。)

<♪若葉>(歌唱のみ)
<♪サンタルチア>(Bグループ:イタリア語)全員で。
 ・首の後ろあたりを反るように(慣れない言葉で段々前傾になって辛くなったら)。
 ・言葉の準備 (SurのS)
 ※1)鼻三角の中へ入れ込む(なるべくまっすぐが良い。)
    この幅のまま前方へ。

<♪若葉>
 ※1)の歌い方で歌唱。

 楽器を使って歌う。

<♪上を向いて歩こう>
<♪証城寺の狸囃子>
 ※早くなっていかないように。

<注>手打ちのリズム楽器でも足と床のリズムが立っていないと、
   生きた律動性が弱くなる。特に裏のリズムが重たくなる。

◆本日の磯貝語録
 「楽器をやる」「歌を歌う」 1人の人間が2つのことを
 同時に遣るのは楽なことではない。

◆本日の感想
 歌いながら、決められたリズムを打つ…小学校の頃を思い出しました。
 しかし、こんなに難しいものとは思いませんでした。それを楽しいと感じる私は
 音楽の甘い罠にかかっているのでしょうか? サンタルチアが歌えて大変うれ
 しかったです。
関連記事