FC2ブログ

話し方診断(6/13)                      《共通系》

6月13日(金)話し方診断

講座テーマ『文章づくり演習』

日常人は、台本なしにその場で言葉を考え、文をつくり喋っています。
話しにも文にも、ある法則や習慣があり、それを理解しないと、一人よがりなものに
なります。先ず、あるテーマを自分なりの文章にしてみる事からはじめます。

文章づくり演習
[1]5W1H
 各自1文をつくり、一人ずつ前に出て発表。
 発表したものに対しての感想を聞き手一人ずつ発言する。

[2]5W1Hの部、説明文、セリフ文の3つを各自作成。
 一人ずつ発表。[1]と同様に意見を述べ合う。
 説明文は5W1Hがしっかりしている。わかりやすい。理解しやすい。
 セリフ文は主語がなくなる。あいまいになる。

[3]①「日本人が富士山を好きなわけは!」※思いを広げず焦点を絞り込む。
 Aさん:みな日本人は富士山が好きです。様々な理由。
 Bさん:昔からの
 Cさん:信仰の対象。
 Dさん:理由、登るといい景色だから。(1文のみ)

②「そうめんのうまい季節になりました」※自由に思いを広げ
 Bさん:実感、体験を主に
 Cさん:イキを感じられる。スーッと食べられる。
 Dさん:のどごしが良い。作り方。
 Aさん:そうめんは良い、一般論。(後半)私は好きじゃない。食べた気がしない
     から。

 ①②とも各自10分で作成し発表。感想、意見を述べ合う。

◆本日の磯貝語録
 文を育てることは、自分の思いや考えを育てることになる。
関連記事