FC2ブログ

磯貝語録:俳優編(9/25)

【磯貝語録とは、各講座で磯貝塾長が語った語録です。それをわかり易い様に、塾長自身が補足をします。】

◆声を鍛えて、心を鍛えて、その上言葉も鍛える、と決める。

 ①人は鍛えるという天性を与えられている。うまく使うも使わないも、本人の
 勝手である。私達は使う事を選ぶ種族の人間である。正確に鍛えると人は
 変わる。②声も同じく鍛えると変わる。声が“良く響く声”に変わると、物事の
 感じ方が変わる。丹田がいつも作動しているので、心も安定しやすくなる。
 ③深い位置で感じることで、心を鍛えることをする。そんな事はウソだと人は
 言うだろう。だからやったら良い。④しっかりした心、繊細な心で言葉を鍛え
 よう。鍛えてない声で、鍛えてない心の使う言葉はうれしくない。多分、相当
 不安定で独りよがりの言葉だと思う。人間はそういうもの、と世間は言うかも
 知れない。でも“3つの鍛え”をやってみるのも悪くない。もしやる場合、この
 順序が大切だ。 
                            俳優表現実践講座
                            テーマ:「“思う”を伝える」より
関連記事