FC2ブログ

俳優ことば(4/16)                        《ことば系》

4月16日(水)俳優ことば

講座テーマ「語意と意味。存在のための時間感覚」

〔1〕磯貝塾長によるストレッチ
 ①膝から小さく屈伸。ゆれによって肩や首の力をぬく。
 ②膝から踵に向かって小さく屈伸。踵までぬいてしまう。
 ③骨盤回りをほぐしながら、足首や上半身もぬいていく。
 ④肋骨の下から右上に向かって伸ばす。左側も。
 ⑤胸骨を、腕を使って分かるように動かしてみる。

〔2〕講座「語意と意味-日本語を考える」
 ◎創造塾第1期のテーマは全ての「実感」。
 ○全身実感をとらえるために、強化すべきは背筋群です。
  どこをどのように実感するか?が大切です。
 ⑥膝を曲げ、右手を右足踵につける。(背筋強化)
 ⑦膝を曲げ、左手を左足踵につける。
 ⑧手のひらを後ろにつき、股関節を広げ、背中から上に向かって、前面を伸ば
  していく。

 ・自分の過去感、現在感、未来感を考えてみる。各々を実感すること。時を実
  感することで人間感をとらえる。

 ・時を観念ではなく、実感しながら、日本語を聞けるかどうか(それはセンスで
  す)。

 ・時間意識、感覚は各々育ってきた環境によって、個人個人違う。

 ・時間認識をたくさん持つことで、言語が広がり、深まる。

 ・「朝」と言う文字から、その実感がわき、朝の時間をとらえられるかどうか!

 ◎言葉を捉えるのに、時間感がないと、意味や観念しかない平板な記号とし
  てしか存在し得なくなる。言葉には、様々な歴史が含まれており、必ず重み
  や深さを持っている。

 ◎言葉に対しての感覚、実感は、時間の感触につつまれていることで想像力
  が増し、生きたものとなる。

 ・言葉が意味や文だけで構築されていると考えるのは、日本語を正確に理解
  出来ない原因となる。(日本語の深さ)

 ・時間の「これから」を感じるか、過去をどう感じるか。自分の中で時間がどう機
  能していくか。それには、想像力に関係している。未来は想像力でつくられ
  ている。終わったところから次にジャンプできるかどうか!! 書いてある文
  字から分かったり、とらえた事などは想像ではない。新しい考えをどんどん産
  み出していく力が想像力。ピカッと光った思いつきから、次のことへ展開して
  いく力が創造力。

 ・言葉は、自分の思いや気分ではない。考えないパフォーマンサーはパフォー
  マンサーではない。

 〈宿題〉私の過去、私の未来を各200字。 次回はスピーチです。


◆本日の磯貝語録
 語には、時間や長くは歴史のベクトルやポテンシャルが含まれている。それを
 感知し引き出す語感は、語を生きものにする。歴史があるから、未来をつくらな
 ければならない。

◆本日の感想
 何か難しいお話がいろいろ出て来て、頭が更に空っぽになってしまった。
 どうしようー!!
関連記事