FC2ブログ

名曲をうたう(11/17)                              《音楽系》

11/17(木)名曲をうたう

[1]講座(磯貝講師)
  1)゛Lasciatemi morire!"
    ・音とり(覚えてしまう)
    ・歩きながら歌う「A」
      背中に譜面が印刷されてしまうといい(頭で譜面を追わないこと)
      頭において思い出しながら歌わない(身体感で覚える)
    ・台の上を登り降りしながら歌う「ア」
      どんどん歩いて勢いのある音楽にする
     ※たて口、丹田を入れる
      →崩れないように歌うにはどうしたらいいか、各自工夫すること
       オペラは動いて歌う(棒立ちではダメ)
       見せることも同時にやろうとする “ソリストになったつもりで”
    ・バンザイして台を登り降りする
  2)゛Il mio ben quando verra"
    ・声出し「ア」
      息を出す(声は吐き出さない)
    ・一人ずつ歌う
      喉の位置は変えないで歌えるように、言葉の内容よりまず息を出すこと
      迷わず、音楽を引き受けて自信を持って出す。仁王立ちは×
     P129.2段目:喉をあける、首や背中に力を入れない
           腰を入れて、膝を曲げる
           喉の位置は変えない
     P130.3段目~(二人一緒に):歌っているうちに気持ちよくなるように歌う
  3)゛Ombramaifu"
    ・歌詞をつけて歌う ※舌は細くつかう
    ・台を登り降りしながら歌う
      たて口の「ア」(鳴りは、首の下の骨) ※丹田を入れて
    ・一人ずつ歌う
      丹田を入れる、わずかな空気の動きをキャッチするような感覚を体がやること
      スポーツの実感とは違う
      下半身の感覚をもっと鍛えること
      自分の声を外で聴こうとすること
      部分的に音楽的になってきた、それをつなげられるといい
      音楽がやってきてくれるのを待つ
      音楽になってきた、このまま安定させていくこと。すると次の訓練に入れる
    ◎クラシック音楽
      たくさんの人間がたずさわって、育ってきた品格がある
      一生懸命やって出来るものではないが、手を抜いたら相手にもされないもの
     ☆音楽がやってきて、自分も音楽にさせられるという体験をたくさんすること
     ☆音楽の魂を聴く
  4)再び
   ゛Lasciatemi morire!"   :歌詞をつけて、underコードで歌うことを覚える
   ゛Il mio ben quando verra" :歌詞をつけて
   ゛Ombramaifu"       :喉を開けて、体内に音楽が充満するように歌う
                  力が入ってしまうところこそ音楽をするところ(ほぐす)
                  次に必要なのは響き

 ◆本日の磯貝語録:クラック音楽(芸術)は、永い年月幾多の人がたずさわり、今なお育っている。
          そこに品格が生まれる。
関連記事