FC2ブログ

俳優ことば(5/28)                       《ことば系》

5月28日(水)俳優ことば

講座テーマ「語意と感情-身体(触覚)の実感とことば」

〔1〕身体認識をとらえる訓練を各自で行う。(上半身のみ)

〔2〕言葉と身体認識③ -私の下肢
 ①「私のへそ」「私の腹」「私の腰」「私の足」と下半身を認識してみる。
  ※細かく触覚でとらえること!関節 いっこいっこでやる。

 ②自分の感覚を“ブラインド”してみる。
  目を開いた状態で視えないようにする。
  統合したものをバラバラにする訓練

 ・私が頭で知っていることは、三分の二ぐらいが目で知っていること!!
 ・目を閉じて覚えた感覚を目を開いた状態で表現できるように。触覚でとら
  える。
 ・言葉と声と物事の実感を表現する種類を増やす。
 ・「私」と自分が実感できるから、他人、他が分かるようになる。

〔3〕触覚表現の違い
 (1)目をつぶって、触覚をとらえて、覚える。(XさんがYさんにさわる)
 (2)(1)の時に覚えた皮膚感覚を思い出して、(XさんがYさんに)「Yさん」
   と言ってみる。
 ※ただ視覚だけで「Yさん」と呼びかけるより、実感をともなった表現になる。

 ◎社会的理性は、自己内外の統合能力。表現界は強い統合を極度に分割
  することから始まる。

 ①喉頭共鳴で「私の○○」と言葉化し、手掌の触覚で同時に身体実感を
  行う。
 (喉頭共鳴:のど実感のため、うがい法による喉開けを常習化すること)

 ・大地に2本足で立っていることが人間の証し(:足で動く)
 ・生物原理を理解することのほうが表現として早い。
 ・声を作って言葉を出していくことで、自分を実感する。
 ・自己の外側にあるものを受けることで、様々の感覚が育つ。
  それを蓄積し、判断し、認識する事で、脳が育つ。
 ・先ずは物性としての身体能を高め、自己の身体実感を豊かにし、次に意志
  行動に移行すると良い。

◆本日の磯貝語録
 身体表現を一番表すのが、触覚
 外側がしっかりしていれば人間は生きていける。

◆本日の感想
 ノド喋りは難しいが、一言一言がとても実感があった。それに比べ、口しゃべり
 は軽いし喋りやすいけれども、一語一語の実感がすごくうすく、ウソっぽい。
関連記事