FC2ブログ

俳優表現実践(9/25)                      《ことば系》

9月25日(木)俳優表現実践

講座テーマ「"思う"を伝える」

[1]各自ウォームアップ
 <塾長個人指導>
 ・鏡を見て自分の外側に自分をつくる
  瞳孔をのぞく 丹田を見ている自分を見る
 ・浮いている自分を見る。自分がいるから浮いていられる
 ・時代に折り合っても芝居はかわらない。人の身体と精神の仕事。
 ・芸能の本質は神事だから信じこむ対象が必ず存在する。なかったらつくる。
 ・自分たちの力だけで全部つくらない。半分まかせる(感覚をつかむ)
 ・何がおこるかわからない 思い通りにならない ことを用意しておく

 (質問)自分の納得と自分を出すこと出さないことのつながり
  自分を出しきれない、表現できないと自分をやっていることになる
 ◎やりきらないと自分になる
  得をして徳にもちあげる力がないと一人よがりとなる。
 (塾長回答)本をたくさん読むこと。新聞の書評・基本はミーハーからはじめる
 本を読むことについて
 ・文章には好き嫌いだけではない 自分をつき動かしてくれるものがある
 ◎字から知能を肥やす → 発見がある
   感覚は絵や音楽で肥やす

[2]テキストによる、全身表現者にとって「心」とは(塾長)
  我の表現にはテキストありき
 ①観客に声で伝える
  客は耳できき、目で見て、状態をキャッチする
  脳でも身体でもキャッチして反応する
 ②「脳や身体とは別のフィルターがある」ときめる それは何だ?
  生身の人間同士がやるとき、機械とちがうのは何か
  ロボットは人間のまねごとをするから面白いが生の心がない。
 ③「心」が出して、キャッチして、反応する
  出し手と受け手の心の関係がある

 ◎どうしたら心が動くか
  頭で理解したものを心に通過させるとは?
  心を関わらせる 「心」ってなんだ?
  「心がこもっていない」「心があるか? 自分に、他人に」
  「心」のはいった言葉「○心」「心○」
  「心が一致する時、自分と、他人と、モノと」
  「心」が「ある」と「ない」のちがい
  心を具体化する ことばにする 追いつめる 共通化する 人に言える

 ・しゃべる(頭の中と身体の中がテキスト)ときの心の状態
  → 日本語を話す役者として考える(条件を狭める)
 ・自己の意見・意志・認識・思い・気持ちと心
  日常とセリフのちがい 「心」がある表現とない表現
  心がなくても心動かす
  表現
 ・伝えるという強烈な意志と予測しえないことが合わさって何かがおこる
  寒い、温かい、熱いエネルギーが何かある

 ④全員討論
 ・はじめから何かないと練習しても何も出てこない → 芸能と芸術のちがい
 ・芸能とはやりっぱなし、そこができた人が芸術に挑戦する。
 ・芸術はつねに検証して、安定したら新しい不安をつくる
 ・セリフは全部おぼえる。自分のも他人のもト書きも。稽古では動きをおぼえる
  覚え方は個人の作業で、脳や身体を使って、10回でも100回でも読む、でき
  るまで
 ◎覚えていないと頭が心にいかず、知能や作業の脳になってしまう。
  心を通過すれば特に芝居をつけなくても、セリフが生きる
 ◎芸能は心を通過しやすいようにわかりやすく単純化してある
  芸術はもっと厄介であるが「声が違う」のだから、それを探す
  それを他人のものでも体験したら、自分の好奇心や欲でそのちがいを探究・
  追求する。
 ・声を出したら変わる。出さないと安全。声を出すことは他人への生存表明
  抜け出す力を自分でみつける(周りはだまって見ている お節介はだめ)
 ◎声と心と身体は全部通じている。
  テキストをそこにいるすべての人間に訴える
  出したと同時にほぼ同じ反応をうけたい
  心的反応を声・呼吸でする 生体変化がおこる
 ・頭のものを身体で提供する
 ・自分に近づけると省エネになって客に届かない
  自分がいいと思っていると相手にはあまりこない
 ◎声が具体的な身体と抽象的な言葉の間を往ったり来たりする。
  その具象と抽象の間を自分の心でとらえ、それを相手に届ける。
 ・声のエネルギーで元気になる。が科学的に立証できないのが「心」である
  部分は証明できないか、全体の「心」は証明できないのではないか
  自分の「心」を感じるのがこわい? 心は相対的なもの
 ・声を鍛えて心を鍛え、それで言葉も鍛える と決める
  実体のないものにびくびくしていないでそう決める
  心と身体は健康で頭は白の集団を目指す

◆本日の磯貝語録
 声を鍛えて心を鍛え、その上言葉も鍛えると決める。
◆本日の感想
 「心」とは何なのだろう。追求してゆくと、更に分からなくなってしまった。
 狭い教室を走るのは本当に息苦しかった。走り込んだ末、体が変わって自由
 になると、何がおこるのだろう。 生きて行くとは本当に不思議でイライラするが
 興味深く奥深い。
関連記事