FC2ブログ

話し方診断(7/11)                      《共通系》

7月11日(金)話し方診断

講座テーマ『試演会:文章をつくる』

[1]ストレッチング(戸村助手)
 1)首、肩、上肢
 2)背骨+上肢
 3)足指、足裏、足首
 4)軽いスクワット
 5)股割、ひねり、バンス、重心下ろし
 6)丹田支配、全身ダンス
 7)骨盤、座骨ダンス

[2]座学(磯貝講師)
 話す→声で話す。 声がしっかりと伝わっていますか?
 声がしっかりしていれば、無駄な言語が必要なくなる。
  …ただし、少し味気なくなってしまう。

 発するあなたの身体的満足度は伝わる。
 音声というのは感情をこしたもの。

 ・新しい経済身分が出て来た。その中で交わされる言葉は差別的ことば?
  日本はまだ旧体制、その中で使用されることばも未発達。
  ◎社会人はどうやって話そうかと考える必要がある。
   その場限りのものであっても筋道をしっかりとつくっていく。
  ◎伝えるだけではない⇔アンサーを求める態度をとる。
   (発信のみ)  〈双方向性〉  (対話をする)
  ○対話をするためには、日記をつけることから始めるとよい。
   自分の思いや考えを文字化する習慣が付く。
  この講座では文章を書くことにした。

[3]「私がことばが喋れなくなったら」をテーマに文章づくり。
  各自が書いて来た上のテーマの文を朗読し、皆で意見をのべ合う。
 ・Aさん:ホモサピエンス(知恵のある人)の人間の核はことばを喋ること。
   しかし、喋れなくても人間である。そこをおぎなえる(力)も人間であること。
   ボランティアの体験より、バイタリティ、エネルギーを感じた。
   手話者より、顔の表現等がすばらしかった。

 磯貝講師)しっかりとしたメッセージがあって良かったが、自分を軸に文章をか
    いてみては。先生としてではなく社会人として。

 ・Bさん:伝達手段がなくなるわけではない。手話、全身、他。
   ただ声の情報力は大きい。また、使う言葉によってもわかることが多い。
   表情を多く使用することになる。(喋れなくなったら)
   自分は表情が乏しいので気を付けたい。

  ・Cさん:自分が思っていることの半分も伝えられなくなってしまうだろう。
   思考の飛躍もなくなるだろう。ことばを吟味すると思う。現代ではコンビニの
   挨拶くらいしか話さない人もいるという。今、喋れなくなったら、孤独に耐え
   られないだろう。

 磯貝講師)最後の部分をもっと深く考えて書いて欲しかった。
    言語化できないことを言語にするときに頭をつかう。
    自分を問い詰めること。つきつめず、散らしてしまってはダメ。

 ・Dさん:人間としての幅が広がって大きくなれるかも、五感、六感が発達する。
   魅力的になれる。みんながことばを失った方が良いのでは。
   共通語があるから伝わると思ってしまう。喋れなくても声が出せれば意思は
   伝えられる。

 磯貝講師)
    アンサーが来ることを考えながら文章を書くこと。

 ・Eさん:他の方法で伝えようとする。手話、ジェスチャーなどで。
   手話を使う人をよく見ると、表情を多く使っている。
   自分が相手を見て話しているかを考えると、そうでないと思う。
   相手を見ず、又、考えずに話していた事に気づいた。

 磯貝講師)
    みんな今生きていることを根底に書いていてとても健全だが、おもしろみ
    がなかった。

 ◎話すときに大切なこと「ユーモア」※ダジャレじゃない。
 話しながら、そこにスーッと流れていることが大事。

 ◎思った事、感じた事、考えた事々を文章化すると、話すことがうまく整理出
  来、伝え易くなる。思いを羅列しても、他人にはうまく伝わっていない。


◆本日の磯貝語録
 ・話す時に大切なこと:ユーモア
 ・話しをする事は、必ず聞く人のアンサーを求めていること。(双方向)

◆本日の感想
 発話には、発した者の責任が伴う。発して終わりではない。受話者の反応を
 キャッチし、発した者もそれに反応する事が必要である。「作文発表」を通し、
 様々な反応のぶつかりあいがあった。生の声、生の表情はとても興味深い。
関連記事