FC2ブログ

リーディング・発声(9/19)                      《ことば系》

9月19日(金)リーディング・発声

講座テーマ「面白い古典物語文学を読む-1」

[Ⅰ]拗音 Kya キャ キェ キュ キョ
Gya ギャ ギェ ギュ ギョ

Zya ジャ ジェ ジュ ジョ

 ※必ず最初の音が立つように。yが立つとつぶれて前になる。
  拗音をテストすると、朗読者の訓練度がわかる。
  全部を響きとして捉える。

 ・朗読は読み手が読みやすいとともに、聞いている人が同じ早さで頭に入れ
  られるかどうかが重要。
 ・子音が二つあることにより母音が負担を負うが、その分母音に力が要る、単
  子音のものよりも。
 ・意味として読む前に音としてまず読めるかどうか。
 ・聞き手は音を聞けば意味をとれるものだ。自分が意味がわからずにそれに
  ばっかり気を取られると、音が不鮮明になり聞き手がわからなくなる。
 ・文字を一生懸命やろうとしない。口から音声が出る意識を忘れない。言語
  の音声感覚は口にある。
 ・かといって、口ばかりにもしない。我々はテキストを音にする。

[Ⅱ]遠野物語 - 柳田国男 作
 ・遠野物語から何をくみとるか。何を見出せるか。
  自らの価値観だけではただのヨタ話になってしまう。
 ・作家を選ぶということも朗読者にとっては必要だ。
  そのためには色々なものを読むということが必要。
 ・作品を読み出すと、作家のことを忘れる人がいる。
  これは表現者にはなれない。
 ・遠野物語はエッセンスの宝庫である。何となく読むと何もないものにしか
  見えない。
  ☆本の読み方
   1.わからないところなんてないと思って読む。
 ・自分がひっかかった話というのはピックアップしてみる。
  するとなにかしら傾向が見えてくる。

◆本日の磯貝語録
 読み手は聞き手に対し、声だけで多くのことを正確に伝えなければならない。
 聞き手はそこに聴こえる声だけが理解する元である。

◆本日の感想
 受講者急減により、講座封鎖となる。残念だが、規約にもあることだし仕方な
 い。幅広く色々のものが読めてよかった。早く復活することを願おう。
関連記事