FC2ブログ

俳優発声(10/28)                      《ことば系》

10月28日(火)俳優発声

講座テーマ「発声共鳴法ー上顎(硬口蓋、軟口蓋)共鳴」

[1]体づくり(西本助手)
 1)円陣を組んで伸脚 20回
 2)四股踏み
 3)磯貝塾長による個別指導 各自与えられた課題をする

[2]上顎共鳴法(磯貝塾長)
(1)硬口蓋と軟口蓋について(図を使い)
(2)上顎に息をあてながらうがい練習
 (鏡を見て、各自自分の口の中を確認
  鏡を見ながらうがい 各自)
(3)演習
 1)上顎にあてている息を舌でおっかけられるとよい
 2)下顎の左右を閉める→オトガイ筋、オトガイ舌筋、緩めると舌が広がる
 3)オトガイ筋のささえ(磯貝塾長の状態をさわって実感する)
  上顎の共鳴は絶対に持っていなくてはだめ。音声表現には必須。
 4)上顎に音をあてて子音をつくる。「ナ」「ラ」「ダ」「タ」「カ」「ガ」「ヤ」
  軟口蓋後部の位置でうがい
  水道の水まきをしていることと同じ
  声は息なのであてる場所をしっかりと捉える 細くすること

 5)上顎(硬口蓋、軟口蓋)共鳴部位別、発声演習
  ①「コノハナナンノハナカナ?」
  ②「ナンノキソノキ」
  ③「ノロノロラクダダー」
  ④「ゲゲゲノキタローヤ」
  ①~④を硬口蓋前部、後部、軟口蓋前部、後部のポジションで行う

  ⑤「ガリレオガリレイノハカデショ?」
  硬口蓋前部、後部、軟口蓋前部、後部のポジションを①~⑤の中で1つ
  決め一人ずつ行う
  再度自分のやりたいものを決め各自練習
  一人ずつ発表
   読む直前に舌先でポジションをなめる

◆本日の磯貝語録
 上顎の響きを持つと、人生が変わる。

◆本日の感想
 頭でわかるのでなく、体で理解できること。それはこれだ、とつかみたい。
 実感してみたい。
関連記事