FC2ブログ

歌発声(11/1)                        《音楽系》

11月1日(土)歌発声

講座テーマ「テキスト歌唱1」

[1]歌唱(磯貝塾長)
 <♪蕾>
 ・二声で復習(1カッコまで)
 ・メロディーのみ(歌詞2番まで)
 ・B~ ハモリパート(2番まで)
 ・3番まで、パートに分かれて
 (パート分け)
 上パート:Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん
 下パート:Fさん、Gさん、Hさん
 <♪花のまわりで>F dur(ヘ長調) 原調:G dur
 ・メロディー(1番歌詞で)
 ・下パート(3番まで)
  【下パート注意ポイント】
  *( )内歌詞歌う。
  *2頁3小節目「まわる」は上パートなので歌わない。
  *3番カッコ 音が変わっているので注意。
 ◎男性→上パート 女性→下パート(音がまとまる)
 ・個人で不安なところレッスン
 ・男性(メロディー)パート
  (注)「まわる まわれー」…スタカート、アクセント強調して歌う。
 ・全員で二声歌唱
 <♪クラリネット~>
 ・「どうしよう」まで1パートずつ全員で音取り。
 ・二声で歌う(パート毎にまとまって)
  *同一パート内では、合わせようとして、引けて弱々しくなるとよくない。
   しっかりと良く響いた声で、軸をブレない様に前に出す。
  *歌詞のエネルギーにうまく乗る。雰囲気に入らず、しっかり歌う。
  *下パート「とてもだいじにしてたのに」自信持ってしっかり出す。
  *「どうしよう」内向せずもっと陽気に。
 ※パート内のたくらみが同じになってくると良い。
 ☆「クラリネット」歌詞確認  3番「みつけられたら」正当
 <♪メリーさんの羊>
 ・二声で歌唱
  1・2番―ゆっくり、3・4番―早く、5番―もっと早く、6番―ゆっくり
  (スピード感を変えると物語になる。)
 ◎アンサンブル(重唱) 〔※もっと多くなると合唱に→あまり自由きかない〕
  ・2人で気を合わせて、いろんなことが出来る。
  ・但し、自信をもって完全犯罪する。

◆本日の磯貝語録
 演奏は、完全犯罪に近い程良い。たとえ、まちがっても自信を持って歌い上
 げること。重唱は双方が考え込んだり、スクンだりしては楽しくもないし、うまく
 行かない。

◆本日の感想
 小編成のアンサンブル(重唱)を歌った。小学生の頃にコーラスしただけで
 少し心配だったが、思ったより楽しさを実感出来た。
関連記事