FC2ブログ

歌い方・発声(11/12)                             《音楽系》

11/12 歌い方・発声

(1)各自ストレッチ

(2)講座「アンサンブル歌唱」(磯貝講師)
 1)「秋の子」「まきばのこうし」を歌う(声出し)
 2)「マーチングマーチ」を歌う(2声)
  ・歌詞の内容:生活実感×→実際の音にする(音楽的に)
        つもりでは×頭よりは口がしっかり言うこと。
  ・上向型の音程:少しでも母音でゆるまない。実感をしっかり持つ。
  ・「ん」の発音:喉ではなく鼻の実感。
  ・歌の場合音の高さを長く維持できる≠しゃべり
  ※言葉(しゃべり)の位置に落としては×、一人ずつが正確にできて合わせる。

 3)「ニーナ」を歌う(3声)
  ・全員で3声で歌う。
  ・全員でメロディを歌う→ハーモニーをつけたとき元歌がどういうエネルギーがあったかを
             わかって他のパートを歌う。

 4)「ふるさと」を歌う(3声)
  ・全員でまず歌う。
  ・全員でメロディを歌う:喉を開けて柔らかい声で。
             P=喉を開けたまま息で小さい音に。
             口は早く動かす。口を鳴らしすぎない。
             頭で思っても下顎に音が落ちると音程は下がる。
  ・日本人は音に情意を感じる。
  ・1人ではなく多数で歌う場合→「思」を一致=発後とタイミングを合わせる。
   国際言語学会では日本語が一番厄介。言葉の「思い」がみんな異なる。
   (アンサンブル=共通な「思い」を表す事をする)
  ・喉は開けっ放しで1語1語を合わせる→合わせる意識が持てる。

 5)「まきばのこうし」を歌う(2声)
  ・鏡を見て舌の位置を確認。「ウ」→鏡の前で歌う
  ・舌の位置が高い→喉が開ききらない。喉を下ろす・開ける=舌を下げる

 6)ペアで歌う(ペア同士で近づいて歌う)
  ・コイの様に歌う(口より喉頭が開いている)
  ・アンダーコードで下腹で支えて。
      ↓
   日本語がよく聴こえる。

  ・ここのポジションをやろう(アンダーコードで息を流して)
  ・試演会を「まきばのこうし」と「故郷」の2曲に絞る。

 ◆本日の磯貝語録:喉頭を開けっ放しで息を流せ。口の実感で歌うな
関連記事