FC2ブログ

俳優ことば(11/19)                        《ことば系》

11月19日(水)俳優ことば

講座テーマ「 セリフと心 」

〔1〕身体語のエクササイズ No.8:オノマトペと身振りダンス
   中音(チュウオン) 〔K行×3種〕
     (例)ドキ、ズキ、ブク、ムカ、トコ、ピカ、シコ、セカ、サク

 ・他人に聴かせる、もしくは楽しさそうだな~、やってみたいなあ~と思わせ
  ること。
 ・自分で自分のやっていることの面白さを作っていくこと。
 ・いろいろやっていってつかんでいく。音の中に意味をもたせる。
 ・その音が表わしているリアリズムを作ってみる。リアリズムを作ることで漠然
  としたものが、身体と音とを一致させてくれる。
 ・スローモーションでやってみる。そして元の速度に戻してみる。
  リアルタイムでは分からなかった事がつかめる。正確になる。

〔2〕心の気付きシリーズ⑤ -底の心をのぞく
 “心の底に引っ掛かる”ものをさぐってみる。
 この時の自分の心や態度を思い出す。

 ・身体が反応している、その反応を細かく感じ取り、もう一度、繰り返してみる。
 →人を表わす芸の基

 ・心は身体にある。(心の身体感)。自分の中からさがしていこう。

 ・自分の中で分かっていないことは、外には伝えられない。

 ・自分の心の根を意識してみたり、意識しないでみたり、その反応の違いを
  とらえる。

 ・どれだけ心に繊細で敏感でいられるかが大切。

 ・漠然的、観念的にとらえていくのではなく、敏感に心を気付く。その心を身
  体で表現する。

 ◎意識する心と意識しない心。

◆本日の磯貝語録
 面白さを見つけるのは、役者の義務!! 

◆本日の感想
 オノマトペ身振りをした。発するその音と動きと形、どの体の部分を意識して
 いるか等を感じてするが、全てが一致した時に体に一本芯が通って充実感
 も得られることが実感できた。 
関連記事