FC2ブログ

俳優ことば(12/10)                        《ことば系》

12月10日(水)俳優ことば

講座テーマ「 セリフ―言葉と心 総集編」

〔1〕ストレッチ&個人指導(塾長)

〔2〕今期の振り返りをしてみて…(2008年9~12月期)
 ・語音を身体で表わすために、オノマトペを使った身体訓練をしてみました。
  オノマトペが多いのが日本語の特徴であり、自分の心情を表わすためには、
  出した音にどの程度心を付加しているかが、鍵になっていきます。

〔3〕「心の感覚」が自分の中にあるかどうか? 頭ではなく心で感じるかどうか。
  自分の心と言うものに冷静に向き合って、感じている心をスパッととらえ
  ることができると分かってくる。

 ・日本人は、心を思いや気持ちとしてとらえ、実践運用してきたが、心の感
  覚となると整理されていない。ある状態に入ると皆同一化思考に入ってい
  きやすいが、“人”を表現する立場の人は、異なった心のとらえ方ができな
  いと、存在意味が薄くなる。

 ・日常で「これは考えているな」「これは思っているな」「これは感じていうな」
  これは…と、とらえ分けている。それを丁寧に蓄積していくと、各々の違い
  のわずかな差異の部分が見えてくる。《人間の本性》をつかもうとすること。

 ・理屈では、どうにもならんもんが書かれていたら、“心の感覚”でとらえない
  かぎり、表現できない。

 ・違っものを感じたり出せたりすることで、「その人である意味」が出てくる。
  皆、同じでは、存在理由がうすい。日本人的リアリズムなんて面白くない。

 ・人の書いた台本で演ずる私達は、その書かれたものを先ず自分化し、そ
  の先にあるものをとらえ、表現化してゆく。そのためには、先ず、自分をつ
  かみ知ること。自分の感覚をとらえること、磨くこと。

 宿題「心の感覚をとらえよう」

 来年は、テキスト「かもめ」を読みます。
 秋頃に「じゃじゃ馬ならし」を読みます。 

◆本日の磯貝語録
 「心の感覚」をとぎすます。心を感覚でとらえる。
 同じことでも、次元が違えば、見え方も感じ方も変わる。それって面白いよ!!

◆本日の感想
 「心の感覚」についての演習。日々時々、感覚が働いているはずなのに、い
 ざとなると具体的な事が浮かび上がってこない。大いにショックでした。色ん
 な事を無意識に通り過ぎていた事を反省しました。 
関連記事