FC2ブログ

俳優ことば(1/7)                        《ことば系》

1月7日(水)俳優ことば

講座テーマ「 セリフの技法 Ⅱ」

〔1〕歩く… 自分を調整するため、歩くことで自分をとらえる。
 ①両手を上にあげて歩く。
 ②両手を胸の前で伸ばして、空気を押すように歩く。
  (右手だけ、左手だけと交互にする)

〔2〕9月~12月までの講義の振り返りをしてみる。
 今期は具体的にしていく。
 俳優は、自分が自分でないものをやる。与えられた、人間じゃないかもしれな
 いものをその場で作りあげる。その為に、「自分と他人との違いを明確にする」
 訳の分からないものをどう言う風にしようかと考えること。
 書きこまれたことを表わすのが、キャラクター。その概略(要)をどう解釈するか、 
 そして解釈した事を、全く逆にとらえてみること。
 人間には不確定要素がある。それを発見できるかどうか。
 それには「心」が必要!!そして心を分かるために“実”がより分からないといけ
 ない。
 書かれている事に対する「これ本当にそうなの?」と常に考えないで、書か
 れていることをうのみにしていると、その事を生きた、生(なま)のものにするこ
 とができない。
 必ず、違いを発見すること。
 
※次回宿題 「自分と○○の違い」
 ①概要(念)の違いを見つけてみる(生理的、社会的、そして心まで)

◆本日の磯貝語録
 ・人には、知力と心力、体力、感力がある。
 ・言葉(文字も)は、そのままではなく、“解釈”することが必要である。  

◆本日の感想
 心は確かにある、が考えると分からない。色々な表わし方、見つけ方がある
 が、実態はやはりつかみにくい。でも心をつかめないとダメなのは分かる。
関連記事