FC2ブログ

歌発声(1/17)                        《音楽系》

1月17日(土)歌発声

講座テーマ「日本語のうた-喋り歌」

[1]ストレッチング(五十嵐)
 (1)上肢柔軟(首、肩、腋下)
 (2)腰まわり
 (3)下肢柔軟/座位(足裏、足部)
[2]発声
 (1)Ma(マ)
 ・ピアノで音を聴いた瞬間は音の中心をとらえているが、音を出し始める
  と下がったり上ずったりし始める。
 ・歌になると、メロディーや言葉がついて音の高低が不安定になる。
 (2)「ミ」の音を聴く
  『自分の身体のどこで音が響くか』
  首の上あたり(目・口開けたままで)
 ☆音をどこで聴くか。
  頭蓋骨、メガネのつるの後ろあたり2~3cm。
 (3)・音をとるとき必ず目を開ける。
   ・目頭の少し上と耳の上4点集中して音を出す。
 (4)人の出した音を判定してみる。
  ※音を出す人は、狙って出す。(出してから修正しない。)
[3]歌唱
 ◯待ちぼうけ→語り歌にしたい。(「声の上手さ」と「言葉のさばき」)
 ◯通りゃんせ→リズムを強調した日本語。
 ◯あめふりくまのこ→童謡。リズムの基本とラップ歌い。
 <♪あめふりくまのこ>
 ・詩を読む。(詩として、人に伝わるように読めること必要)
 ・音楽のリズムで詩を読む。(1拍ずつリズムを打ながら読む)
 ※以下のリズム表記
  (●(タン)=4分音符・♪(タ)=8分音符・-(ウン)=4分休符)
 ・● ♪♪<タン・タタ>のリズムを打ちながら読む。
  (※ラップ…長音符のところも伸ばさない)
 ・-●/-●/-●/●-<ウンタン/ウンタン/ウンタン/タンウン>
  おやまに あ めが ふりまし た←フレーズの最後は打つ。
 ・2人1組(リズム打ながら読む。)
 ・●- <タンウン>
 ・-♪♪<ウンタタ>
 ・●♪♪/●♪♪/●♪♪/●- →次の人へ渡す。
 強 弱 ←それぞれ工夫してみる。
 <タン タタ/タン タタ/タン タタ/タン ウン>
 ・上記リズム全員で。周り中に渡すつもりで。

★次回
 4行詩(3番まで可)作ってくる。
 〔参考〕五七 又は 五七七 で
 テーマ:「もうイヤだ」

◆本日の磯貝語録
 ・ここ2~30年で日本人の日常発する声の巾(高低)は圧縮して来てい
 る。(声巾がせまくなっている。)
 ・ラップ…音を加工して楽しむ。

◆本日の感想
 今年初めてのレッスンでした。年末年始にさぼっていたので、声を出すの
 がひと苦労でした。リズム取りとも久しぶりで、うまく取りのるのがうまくいか
 ず、あらためて日々の練習の必要性を実感した。
関連記事