FC2ブログ

俳優発声(12/2)                      《ことば系》

12月2日(火)俳優発声

講座テーマ「演習」

[1] 体づくり(戸村助手))
  ・上半身、下半身を分ける、ゆるめる
  ・体に任せる、力を流す
  ・四股踏み

[2] 座学、演習(磯貝塾長)
  「母音調音チェックシート(Ver.2)」について
  確認する項目についての説明

  テキストを使用して各自練習(磯貝塾長が回りながら個別にチェック)
  ※まずは「イ、エ、ア、オ、ウ」の調音をしっかりとする

   Aさん:呼吸、発声(腹、胸声)について具体的に塾長の体を使い指導

  ・「イ」段を一人ずつ読む。聞き手は意見、感想を述べる

  日本人は人から言われることを好まない。「ダメ」だと言われている
  ように感じてしまう。人から言われなければ、本人は夢中でやっている
  のでわからない。

 「イ」段 個人発表と講評
  ・良い音とは、適度な力を使って出すもの
  ・少し広がったがあまり気にすることはない。生命力をつけること。
  ・分かるようになった。ことばっぽくなってきた。やっていくうちになんとか
   なるもの。

 「エ」を各自で練習
  ・もっとシャープに。口の中でその音を鳴らすこと。
  ・オトガイの支えが少し足りない。暗く感じる。
  ・広い。広いと子供っぽくなる。

 「ア」を各自で(しっかりと聞きながら)
  ・舌先でやっていたのでもっと深く。
  ・呼吸法、腹の支え、喉を鳴らすこと。
  ・一番良かった。今のは評価できる。
  ・得意とする音と良いポジションの音が一致しているとは限らない。また
   その音を好むかは別。

 「オ」
  ・エネルギーは良い。もう少し奥、もっとしぼること。
  ・エネルギーが奥から押し出せていない。
  ・気負っている。はじめに余分な事をしている。
  ・キリッとなったときは良い。もう少しすがすがしく、少し暗い。
   笛の張りがなくなった。
  ・笛を鎖骨に近づけ響かせること。
  ・「オ」は良くなったが、まだ笛が「オ」になっていない。

◆本日の磯貝語録
 自分が好みとする音(響き)と、ポジションの良質の鳴りが一致しているとは
 限らない。(入門の人は、ほとんどずれている。それを修正して良くなってい
 く)
◆本日の感想
 ここまで詳細に、しかも個別に発声法や調音法(今日は母音)を見ていただけ
 る講座は、創造塾以外にないなと思いました。これからもお世話になってグレー
 ドの高いものを身につけようと思っています。
関連記事