FC2ブログ

俳優発声(12/9)                      《ことば系》

12月9日(火)俳優発声

講座テーマ「演習」

[1] 体づくり(磯貝塾長)
 ・手を振りスクワット。重心を下げる。下半身を使う。様々なバリエーション
  を試す。
 ・一人一人に合わせたストレッチメニュー(個別に指導)

[2] 座学(磯貝塾長)
 ・現在の今を問題にしていると、ことばに対して発することを問題にする。
 ・時間、場所を限定しないと、ことばに対して発すること、受けること、両
  方あるという見方ができる。受けていないと発することができない。
 ・ことばは通じないと意味がない
 ・文字には共通性がある。音の共通性もあるはずだ。→それを求めること。
 ・思い、気持ちよりも音を先行させる事が重要。
 ☆ことばは受けたら返す性質を持つ。返すときは受けやすく返すこと。

[3] 母音調音演習
 「イ」 自分が苦労していて出すのではなく、外に聞かせるための事。
     耳の穴の真上で出した音を聞くこと。響かせること。
 「エ」 口角とオトガイを使って、口は横に広げない。目は閉じない。
     舌を広くしない。

 「ア」 4種類ほどあるが、まずは奥歯(上下ある)を響かせる。2種類。
     上下ある前の支えをしっかりとつくること。
     ※支えと言っても力で固めることとは違う
     無駄な息を吐かない。口の中で行う。

 「オ」 懸壅垂に向かってうがい。母音はすべて口の中側で行う。口の外
     に出たら損をする

 「ウ」 奥をつかうこと。

  ◎ことばで人間力や精神をきたえる。(現代人は心の弱い人が多い)
  ◎ことばは変わる。少なくとも語音は変化する
     →無駄が少なくなる(感情の無駄)

  <言語には未来がある>だからやる。先のことを考える。
  現代には「希望」がない。

  次回はチェックをする。
  ここは教習所ではない。「イ、エ、ア、オ、ウ」をつかむこと。
  そして、連なってできるようになること。

 ・言音の無駄を少なくすることは(共鳴率を上げる)、話者の語に対する
  集中力が増す。当然、語意や文意の認識が明確となり、意志も明確
  になる。と同時に、語の感情のボケが少なくストレートになるため、頭が
  明晰となる。すると、今まで漠然としていた感情が(ボヤーッと雲の様
  なうすい塊)スーッと晴れ、いくつものはっきりした感情が見えてくる。
  ◎明晰な語音は、明晰な意志、認識を生み、明晰で多彩な感情を生
   み出す。

◆本日の磯貝語録
 ・ことばは受けたら返すべきだ。返すときは受けやすく返すこと。
 ・ことばで人間や精神を鍛える。
 ・言語には未来がある

◆本日の感想
 先生が各生徒に個別指導をしてくださいます。ストレッチでは、わずかな
 事で足がまっすぐになり(私は曲がっていて直りにくい)、調音練習では
 目の前、すぐ耳の横で、手本をしてくださるので、とてもわかりやすいで
 す。やたら数多く発声練習しないで良くなるのが、この講座のすごいとこ
 ろです。
関連記事