FC2ブログ

俳優発声(12/16)                      《ことば系》

12月16日(火)俳優発声

講座テーマ「試演会(母音調音チェック)」

 各自ストレッチ、声だし、調整

 ・母音チェック「イ」「エ」「ア」「オ」「ウ」5母音(磯貝塾長)

 Aさん:聞く限りでは「ア」はかなり良い。「ウ」はダメ。オトガイの支えが
     弱くなる。構えをし、支えをつけて発声する。全体的には、入って
     きた当初と比べると大人になってきた。普段から声を覚えていくこ
     と、自分の声になじむこと。

 Bさん:顎関節の使い方が足りない。「オ」は喉があがっている。本日は「イ」
     「エ」が良かった。ことばにしているという実感を常に持つこと。
     ただ音を出しているわけではなく、語にしたいから練習している。
     文にしたいから練習している。調音すればするほど、ことばにした
     いという意欲が高まっていって欲しい。語音を磨くことは、自分の
     中のセンスを磨くこと。

 Cさん:「エ」の練習。語頭の「エ」は良いが、語中の「エ」のシャープさが
     足りない。力みをとること。呼吸法をしっかりとする。顎の使い方を
     もっとしっかりと意識する。「オ」は浅い。下ではなく奥を使う。鳴り
     と響きが一致していない。宿題
     鏡を見ながらオトガイをしめて調音する。音の意識とはセンス

 Aさん再チェック
     声は音。音は聞かなければいけない。音を聞いていないときは
     広い。音をつぶさない。全体をもっと丁寧にやること。

 Dさん:早く喋ることはそろそろ押さえること。
     「イ」はつぶれている。発語よりも発声をしっかりとすること。
     今は音が良くない。口で大部しゃべっている。喉を使うこと。
     ポジションはわかってきたら、喉の鳴らし方をとらえていくこと。

  聴く能力をつけること。

◆本日の磯貝語録
 調音すればするほど、ことばにしたいという意欲が高まっていって欲しい。
 ◎母音は声という音。音の違いを聞き分けるセンスが重要です。5つの母
 音を使い分けるのも、音→声のセンスがしてくれます。語感のはじめは語
 音感です。

◆本日の感想
 はじめてのチェックでした。すごく緊張。口の中の響きを意識し、母音を
 なんとか喋ることができました。"聴く"というのがまだうまくできません。
関連記事