FC2ブログ

話し方診断(9/26)                      《共通系》

9月26日(金)話し方診断

講座テーマ『対話』

・ストレッチング(戸村助手)
 骨盤まわり 肩まわり ゆるめる
 「止めない、溜めない、閉じない」

・座学(磯貝塾長)
 「対話」(会話形態を持った話し合い)
 -自分を伝える-話し合い
 対話(1対1、複数)
  ①一番一般的:雑談、放談
  ②目的やテーマを持った会話・・・終着駅を想定して話す
 会議:討論になる。理論、論理が必要。

対話においての相手(受け手):
 伝えられてわからなければならない。
 話者が終着駅にたどりつきやすいようにする。→聞き出し屋
おこっていることを文章化してみる。相手がわかるようになってくる
(状態、本意等)
書くという事は貯金である。

聞き出し屋:賛同、同調そしてほめることが重要 ※承認のみではダメ
 話を豊かにする。

テーマ「私が欲しい食べものを獲得するためには」
・自分が話者だとして何を話すのかを考える。話は具体的。
※考えるときはより具体的にしていく。

ルール:意見などあるときは良いタイミングで割り込む。
話し手がのっている時には手をあげること。

Aさん発表:一方的な話し(おはなし)になってしまい対話にならなかった。
 この発表に対して対話をする。
質問されているときには、答えをみつけるよりも話し手(質問者)の顔をみ
ること。
対話では答えの100点をとろうとしない。その人の頭がどうなっているのか
を読む。

Bさん発表:「中華飯」→「中華丼」、話をまぜられとられてしまった。
対話をするのであれば読んではいけない。しゃべりにする。
受け手は、話しをきいて自分で思って完結してはいけない。その場で作り
あげる。
話し手の立場で対話をする。自分を満足することを言ってはいけない。
自分の興味で話しをふらない。相手が出したことから対話する。
話し手を喜ばせる。

◆本日の磯貝語録
 書くという事は貯金である(書いておけばふり返って見、考えられる。)
 話は具体的にすること

◆本日の感想
 人の云うことを、いつも自分に都合の良いようにばかり聞いていました。
関連記事