FC2ブログ

俳優ことば(1/28)                        《ことば系》

1月28日(水)俳優ことば

講座テーマ「人物の心」

〔1〕チェーホフの時代
○チェーホフの時代(1860~1904年)は、ロシアの変革期で、文学上新しく発見
 されるべきものより、全てのものが打ち崩されなければならない時であった。
 地球上で同時代に、各地で同じ事が多発する事実がある。
○本来心は多様で、いまその何が現われているかを知ること。
○本を読んだ時→自分で分かるように理解する(1回目)
       →誰もが納得出来る解釈を見つけ出す(2回以降)
◎「共有」について→台詞の中の多様な心の中から、共有出来るものを見つけ
             出してゆく。
            自分の個的または独創的な心ではなく、他人と共有出来
            る心。

◎「解釈」ということ
  そこに書かれた文章、言葉、文脈等を通し、共有な心を見つけ出すこと。
  ○「さあ、どうかな?」を各自、様々演じて見る。
    どんな心か全員で討論し、他人の読みを真似して心をつくってみる。
  ○独言でも客に聞かせること、伝わるように話すこと。

〔2〕「かもめ」セリフ演習 p.12~
 ○他人の言い回しでも、自分が共有出来る物は積極的にやってみる。
 ○口先セリフでなく、そのセリフの心(今回は他人のもの)をつかむこと。
 ○その役のそのセリフの動機をしっかりとつかまえる。
 ○思いつきでなく、反復出来る心をつかみ取ること。
 ○文字の裏側にある“心”をまず決めなければならない。
 ◎心というのは、自分の胴体(はら)の中にある。
   (技術的には、腹の落とし方・重心・ささえの使い方)
 ○他の役のセリフを聞く時は、頭の耳聴きでなく、深い心で聞くこと。
 ◎原則:台本に書かれている事は全てやる(言う)
     台本に書かれいない事は言わない。
  例:、。 … ― etc.
   内容、どういうもの、どうする、どういう等
   間、タイミング、強弱、早さ等は心の動き方により、最適なものを見つけ
   だす。

 ◎「心」には方向があるが、セリフが進むに従い、方向が変わることが多い。
  しかし、次に向かう方向は、ほとんど次のセリフに答えが書いてある。
 ・人の心や気持ちは、喋ると変わって行くもの、他人のセリフを聴くと変わってゆ
  くもの。

 ◎セリフから「他人の心を見る」「自分の心をつくる」のが、役者の仕事。

◆本日の磯貝語録
 多様な心の中から共有できるものを見つけていくのが、演劇の解釈、役者の仕
 事。
 
◆本日の感想
 口調やテクニックではなく、心のベクトル、ポテンシャル、そのモチベーションが、
 セリフに生命を与えるのだなと思われました。他人の心を見る、聞く力こそ、役者
 の力だと実感しました。
関連記事