FC2ブログ

声・ことば表現テーマ別(11/9)                  《ことば系》

11月9日(日)声・ことば表現テーマ別

講座テーマ「『平家物語』(1) 祇園」

[Ⅰ]研究発表 
(1)「平家物語」の概要:塾生 林恒宏さん
 ・資料による概要説明
(2)なぜ「平家物語」か。(塾長)
 ・現在の芸能のすべての基本は中世にある。
 ①現在から考え始める ②歴史から考えていくのとでは考え方は、逆で。
 演劇→共時性と、普遍性とを含むもの。
    ↘今のことを書いてきた。だから、当時のことは昔になっている。
 平清盛を今化(現代化)することも可能。
  歴史は変えることができない。これは絶対である。
  歴史はすでに終わった。どう解釈していくかが問題。
   ↳この立場を明確にして演劇をやらないとダメ。

(3)歴史と演劇について
 ・演劇は、いまのことをやるという1つの使命がある。各々の時代の今を書いてい
  る。
  芝居をやっていた時代が今であり、今の現在とは、当然時差がある。
  それを埋めたり、跳躍することで、過去を普遍化することができる。
 ・ロシアの自然主義と、リアリズムは、演劇に強い影響を与えた。
  戦後の日本にとっては、大ショック(型に入ってそこをやるやり方だったから。)
  この影響をうけて、歴史ではなく今をやる 今の日本の演劇の形になった。
 ・新劇は、リアリズムに走った。
 ・演劇がなくしてしまったもの
  全くないものを創り出す力、本来の創造力。何かをあばく力、本質を探り出
  す力

(4)「平家」を演じる意味づけと、方法論
 ・時代を飛ぶ、状況を変える。→リアリズムでは無理。言葉で跳躍する。今と
  つなげる。
 ・「平家」の時代
  同じ人間だが、環境による生態・生活方法は、その時代のものである。
 ・意味よりも感覚で捉える。読み手は感覚で捉える。
 ・「平家物語」が今になるためには・・・・。
  「源氏物語」では、遠すぎて難しい。今の私たちは、自由に飼いならされている
  から。

<芸人とは>
 ・基本はとってもイイ人。でも、すこぶるひねくれている。
  表を精密にやるために、裏をよく知っている。
 ・感覚を育てる。
 ・意味を具体化しない。特に説明してはダメ。
 ・感覚は、瞬間的。視覚的感覚はアニメに負けたと自覚する。代わりに聴覚、
  触覚を使う。
 ・本来の演劇に戻す。
 ・生身の人間が、生身の人間に訴える演劇は強い。
    →そのために、共時的であることが大事。
    ただし、視覚に頼らない。五感の演劇をつかみ取ること
          ◎頼りになるのは聴覚、触覚である。

 ◎知覚でやっかいなのは、抽象。それを具体化するのが言語。
 ◎演劇の言語は具象、具体の道具である。そのためには、言葉は、五感語で
  あることが条件。
  抽象と具体化の橋渡しは俳優の仕事!

 ・言葉を使って表現をするときに、言葉のリアルより抽象を感じると、自分に吸引
  してしまい、他人は置いてけぼりを食ってよく分からない。
 ・言葉を自己化しない。
 ・宙ぶらりんで出しておく。
 ・感覚がわかって、自分の周りにぶらぶらしているのなら、芸術家である。
 ◎共有のための共感。これがなくて意味だけ分かりあるのは、つまらない。

[Ⅱ]テキスト演習「平家物語」
 祇園精舎の・・・各自練習。
 ・~の~の~の 「の」を感覚的に発する力が必要。
 ・口読み、文の流し読みは慎む。
 ・語音は身体音として語る。
 ・リズムをつける。
 ・早くないスピード感が重要。

[Ⅲ]「祇王」演習
 ・言葉より感覚で、ぱっと、あるがままに捉える。
 ・喋る以前に心はある。入ってしまうと意識になる。
  →その瞬間のものを捉える訓練をする
 ・文学解釈でとらえるとつまらない。演ずることはできない。
 ◎何かを感じるときに、認識よりも心を感じること。思いまでいってしまうとことばに
  したくなくなる。
 ◎(言葉になる、もしくは文章になる)その前の心に真実はある。理屈に入る前
  の気づく気づかないかの瞬間に気づけるか。
 ◎心で見ることができるか。心が動く前にあるもので「祇王」を読むと面白い。

 ・今日は、どういう物語か、共有することがテーマ。

(1)「祇王」を楽にまわし読み
 ・語にのって何回も喋っているうちに、意味が出てくる、付いてくる。
 ・リズムをつける。すると動く。
 ・うまくリズムをつけるとノリやすくなる。つけすぎるてはまた違ってしまうが・・・。
 ・自分の納得は、半分でも前に出す。
 ・祇王の母・・・P48のセリフでは、嫌な母だが嫌な母親でやってしまっても、生
  ではない。嫌な母で全編を読んでしまうと違う。

(2)読み終えて
 ・日本人じゃなくてはできないというものではなく、音で捉える。
 ・現代の世相にのったものではなく、先人が心打たれたものは現代人も心を打
  つ。そこをみつけていくのが芸術家ではないか。
 ・腹応えのある作品をつくる。後戻りではなく先へ行くこと。視覚に走るのでは、
  すでに遅い。やっていないことを見つける。俳優に力がなければできない。

(3)読み終えて、どんな精神状態ですか?(塾生の感想)
 ・言葉のリズムに乗る。語り物の特徴では?
 ・リズム、単語などに、日本人の情感を感じた。
 ・分からないけど、「あぁ~」となる。→共有できた
 ・オペラのようだ。ストーリーは単純だが、ことばの音が、音楽になる。
 ・音声が飛んでくる。文字が飛んでくるのとは違う。音声がとんでくるのはとても
  快いこと。語りを文字にした、そのために立体感がでた。
 ・外国で芝居を観ているのと一緒。初めは分からないけど、知らないうちに入っ
  ていく。最後は笑って終わる・・・みたいな。
 ・文楽で字幕をみると、セリフを追ってしまうが、見ないほうが入ってくるの逆か。

 ・シェークスピアについて・・・
 イギリスでは、知り尽くしている人がやる。なんとなく知っているではやっていな
 い。知り尽くしてやるのがプロ。などなど

 ◎やり終えたときに、ふっと沸き起こったものを捉えておくこと。
 ◎読んで、もっとおもしろさを捉える。
  心の感覚を研ぎ澄ませて読む、気持ち、おもいという方向へいかないこと。

 心の感性で、文章とつきあう

◆本日の磯貝語録
 ①"本来の生身の人間が生身の人間に訴える強い演劇"で頼りになるのは、視
  覚ではなく、聴覚と、触覚である。
 ②"それなり"ではない、そのものを知り尽くして十全にやり上げるのをプロフェッ
  ショナルという。(今は少ない)
関連記事