FC2ブログ

声・ことば表現テーマ別(3/8)                  《ことば系》

3月8日(日)声・ことば表現テーマ別

講座テーマ「狂言③」

1.狂言の言葉について
 ◎狂言をするときに大事なこと「子音」。
 ・大蔵流では、ラ行、ダ行をよくしなければダメという。
 ・「ダ・デ・ド」の音が、関東人は、汚いと言われてしまう。
 ・誰が聞いても、その音だと安心できるものをつくる。
 ・構えを作ってから、発する。日常の発声とは違う。

演習①
 ◎「ダ・デ・ド」をやってみる。
 ・タテ口で、破裂音にする。真ん中が必要。
 ・一語一語を、しっかりと、しつこくつくる。聴くに値する声をつくる。
 ・母音は響かせる。
 ・狂言は、音が重要。意味を流すことではない。

演習②
 ◎ラ行「リ・レ・ラ・ロ・ル」 上顎・歯茎・弾き音。
 ・明るく。タンギングと、息の流れがラ行は大切。
 ・「ウ・ク・ス・ツ・ヌ」→それぞれ、ノドの使い方が違う。自分で変化をつける。

演習③
 ナ行「ニ・ネ・ナ・ノ・ヌ」
 ・鼻まで使う
 ・上顎に対するタンギングをしっかりする。奥から前ではなく、前から奥にする。

 ・喉頭は下ろす。
 ・舌はそれに従って、伸びる。
 ・舌は細くして、先端だけを使う。

2.「千鳥」演習
 ・2人組みになって、練習。
 ・台本のカタカナのところ、「エエ」や、「イヤ」などは、それらしく読むこと。
 ・しっかりと語り合っていると、自然と面白味が沸いてくる。
 ・お互い台本を読んでいてはダメ。
 ・声の力が物事を演じてくれる。
 ・小謡の謡い出し音調は、あまり高く上げない。

 ◎全組試演+合評会

◆本日の磯貝語録
 狂言の声は言葉であり意味で体であり意志である。セリフをつなげて物事を説
 明するための材料ではない。

◆本日の感想
 狂言の声を覚えた事で、この世界を少し知る事ができました。何とも奥の深いも
 ので今の軽い演劇ではおよそ観えないものを知りました。古典芸能の実際に興
 味を持つことが出来ました。
関連記事