FC2ブログ

歌クラシック発声(4/23)                       《音楽系》

4月23日(木)歌クラシック発声

講座テーマ「三善晃歌曲集を歌う③」

[1]各自ストレッチ(約10分間)

[2]基礎練習
 ①椅子に座り、鏡に向うアゴ。を少し上に向け、のどを上げ下げする。
  (アゴのラインのすぐ下のところが動くかどうか):咽頭の懸垂運動。
 ②のどを降ろした時に同時に小鼻に力を入れ、鼻をあけ鼻が抜ける道をつける
  中も外も眉間から鼻の下まで通じるように意識する。
 ③のどをおろし鼻が開いた状態でハミング(雑音混ぜない。振動だけでやる)
 ④奥歯からアゴに向けて筋肉を動かす。舌小帯を動かしてのどを開ける。
 ⑤舌骨の位置から前に向けて音を出す(舌骨に向けて息をあてる)
 ⑥口を閉じて舌骨の響き位置でハミング。口が鳴ってはダメ。
  鼻からちゃんと息を吐く。響きは前でとらえる。
 ⑦ハミングと同じ響きを意識して「i・e・a・o・u」。軟口蓋だけでやろうとせず
  硬口蓋まで息を流す。
 ⑧舌の力で下げない。のどの筋力で下げる。口を閉じて細い一本の糸をイ
  メージしてハミングする。
 ⑨自分の出している音と、外に聞こえている音のギャップを修正する。皆で
  お互いのハミングを品評。

 ◎鳴りが弱いと響きはつかない。鳴りが強いと響きを邪魔する。
  一番いい響きをもたらす鳴りの強さを模索する(曲ごとのベストがある)
 ※「響き」と「鳴り」を聴きわける能力はあるか?聴きわける耳が育たなければ、
  歌いわけることもできない。

[3]歌唱練習
 ①「水」…「a」で歌う。
 ・鳴りで音を追っかけるのではなく、響きで聴く。響きのポジションを崩さない。
 ※鼻がなる前にどこが鳴るか!?→舌骨 この鳴りをつかまえる。
 ・情緒感だけでやるのではなく、響きの中にある情緒感をとらえて演奏する。
 ・音楽は主観的にやったら伝わらない。客観的になったら何も残らない。
  他者と音楽を共感するためには響きが重要になってくる。
 ②「光」…「Ma」で歌う。2回目、言葉をつけて歌う。
 ③「海」…音とり。小返し。言葉をつけて。
 ④「山」…音とり。言葉をつけて。
 ⑤「海」・「山」…再度言葉をつけて歌唱練習。

 詩を何度も声を出して読むこと。又、歌い込みが必要。

 ◎鳴りと響きの関係を常に聞き分け(分離実感)コントロール出来る技術を
  つけること。

◆本日の磯貝語録
 ・響きの中でしか感情は表現できない。
 ・響きには公共性がある。
 ・鳴りが弱いと響きはつかない。鳴りが強すぎると響きの邪魔をする。

◆本日の感想
 各自、自分の声(響き)が他人にどの様に聞こえているのか、聞く人の意見を
 一人一人聞く。自分の思いや実感とかなり異なっている事が分かった。響き
 の成分を多くする発声法をマスターすることだと痛感。
関連記事