FC2ブログ

俳優ことば(3/4)                        《ことば系》

3月4日(水)俳優ことば

講座テーマ「セリフ演習 チェーホフ「かもめ」」

見本市(3/21)では、Aさんが夢十夜~第一夜~
            Bさんが夢十夜~第二夜~ を読む。
 ・テキスト「かもめ」について、自分なりにわかろうとすることをやめると、その本
  から浮き上がってくるものがある。(そのものを客観化するクセを育てる)
 ・かもめの世界で、登場人物を見る事が大切。自分の日本人的イメージで見
  てはいけない。自己イメージ以外のイメージを追及する。
 ・チェーホフは、ロシア人として、この「かもめ」をどう伝えたかったのか、を考え
  る。何を伝えたかったのか?
 ・俳優として日本人が、ロシア人の書いた戯曲をやる時、日本語で訳された、
  日本人べったりの台本を、どうやったら、チェーホフ(ロシア)に近づけるか!!と
  考えること。自分の知らない世界を捕まえたいと思うこと。自分に近づけない。
  現代とは違う生きた人間達。
 ・一番初めに読んだ時に感じたことは、全部、忘れること。二度目に読んでも、
  同じ感想を持ったなら、それはあなたがその台本を読む力がないと言うこと。
  本に読まれたら演ずることは出来ない。
 ・見る観客にわからせるためのリアリズムが必要なのであって、自分のリアルをし
  てはいけない。
 ・力が弱くなると自分達のやりたいようにやるようになる。それしかできない。
 ・単なる観客眼や批判眼で見たら、全ての作品の面白さはわからない。
 ・作品のテーマを直感でとらえる癖をつけること。
 ・自分の中で、本の中の普遍性を見つけ出す力が必要。
 ・人間の命の感触は、普遍的である。
 ・本当の劇がわかる俳優を作る所はここだけ。
 ・見えてないものを、見せる所までもちあげること。
 ・よく読むこと!! でも時間をかけて読んではいけない。

 ※最後の回(3/18)に、「かもめ」の中の役を演ずる時、どうするかをA4(1枚)
  に書いて発表する。(1役決めて考える。)

 ◎物・心・事には、個有性があり、しかも流動的である基底次元がある。次に
  各々の個をたばねる共通・共有性という次元がある。更に大きな属性という
  次元があり、各々が時性という別次元でしばられている。これら全てを統合
  し、つき刺した次元に普遍性というものがある。

◆本日の磯貝語録
 ・読まされると読むのでは違う。読むには力が必要だ。
 ・人間の生の感触は、普遍的かつ個的なものである。 

◆本日の感想
 今のここに生きる事に安住し、でもその先には何かがあると感じながらも、そこに
 行く事を怠けている自分が情けないです。
関連記事