FC2ブログ

歌発声特別(1/16)                       《音楽系》

1月16日(土)歌発声特別

講座テーマ「中声発声を決める①」

[Ⅰ]ストレッチ(各自)
[Ⅱ]発声練習
①ファルセット
 短音、長音、クレッシェンド、サイレンのように音を出す(個人チェック)
 顎の関節が大切である。必ずゆるんでいること
 )顎関節に指が入るところの奥をひろげ、ゆるめる→発声
 )前顎を後頭部に向かってゆるめる→発声
②中声域の発声(一人一人チェック)
 ・前後の意識を持って、後ろに引くように出す。むしろ後ろに吸い込む様に。
 ・前に向かってはいてはだめ
 ・右左の両奥歯より狭く奥に音を集める。

[Ⅲ]テキスト歌唱
 ・ペルゴレージ"Eija,mater,fons amoris"
 ・"Verdi prati"
①"Verdi prati"
 ・太い息にしない。喉を浮かせない。
 ・舌根を意識する。太く広く感じてはダメ
<舌骨、舌根のポジション、しくみについて解剖的説明>

②"Eija,mater,fons amoris"
 )[a]で歌う

③"Verdi prati"
 ・五線内の音は薄くしない。左右は狭くする。
)はじめのGisの喉のポジションのまま歌う(2人ずつ歌唱+チェック)
 ・股割りの姿勢で両肘をついて[o]でうたう。
 ・両手を頭の上にのせて歌う              
 ・下の歯を突き出すようにして歌う
  →上記、重心を下げ上部をゆるめる
)8小節目~ (二人or一人ずつチェック)
 チェンジのところで喉をかえない。同じ息で歌う。
)全員で
 ・胸、後肩などをベースにして、その上にやぐらをつくるようにして、肢体を
  安定させる。その部分が響く。
 ・はじめの繰り返し、1回目歌い手が主張。2回目は弦楽器。

◆中声域をマスターしていく上で、何を調整していくか考える。
 "Eija,mater,fons amoris"は現在の声には低い曲である。これをどう歌うか。

◆本日の磯貝語録
 光に道があるように、声にも道がある。それをさがすのが聲道で具体的には
 "発声法"だ。全ての"道"は求めすぎると必ず遠ざかる。しかし求めない所
 には無い。

◆本日の感想
 「中間音と低声部を充実させる」が今期のテーマ。楽器が違う各々の人に
 合った方法で声づくりをする。みるみる音質が変わる。今まで無理だと思っ
 ていた五線の下の声が使える声になれば、こんな有難いことはない。
関連記事