FC2ブログ

発声・呼吸基礎(10/20)                     《ことば系》

10月20日(火)発声・呼吸基礎

講座テーマ「胸部共鳴法」

[1]ストレッチ・トレーニング各自

[2]チューブ・トレーニング(ゴムチューブを使って)
 ・腰にまわしてへその下で交差(2重にして)
 ・腹を入れながらしめる、出しているときは腕はキープを繰り返し、しめていく
 ・背筋、腹筋のトレーニング。限界にきたらチューブゆるめ、腹ゆるめる
 ・最大呼吸をするために、胴全体をトレーニングする(腹、側腹、腰、臀部、
  背部)
 ・足にのるようにすわる。浅くすわる。立位では膝をゆるめ、重心をおろす
 「回復運動」
  足の間に胴体をおろす。左右腕を水平にのばす
  尻のうしろに手をついて腹を前に出す
  ぬきながら猫背になる、ゆっくりやる
  そ径部に手をあてて、胴体をのばす。首も長くなる
  全体ぐにゃぐにゃする
 ・胴まわりをばねにして自由に動かしたい
 ・内臓を圧迫しない使い方をする
  自分でなら小腸・大腸はいくらしめても大丈夫

 呼吸法と発声法をつなぐトレーニング
 腕力・大胸筋・のどをおろす筋肉の強化を同時に行う。
 中級以上は背中・腰・首のトレーニングのため、腕をうしろにする

[3]講義「良い響きの声をつくる-②:アンダーコード法」
(おどろいてあごがはずれたとき、のどがおりて、原音が出る)
 ・いちばんいい音が鳴る(ひびく)のど・口・あごの使い方をキャッチ
 ・地声はひびきより鳴りが強い
 ・のどをさげてのどをあける(口の開閉)
 ・話声 口しゃべりの地声(舌が下顎にくっついている場合大)
 ・音の結節点 口から前に15cmあたりに音をつくる
◎口の中で拡声する、共鳴させる。地声はそのまま出す
 ・声帯下(アンダーコード)の声 声帯の接触点より下でひびきをつくる
 ・地声(オンコード)の声 鳴りだけ、強いのど、負担大
 ・声帯の上(アッパーコード)の声 頭に緊張が高いとなりやすい
 ・出す快感より、聞く快感を育てる。聞く位置で出す
  聞けば補正が効く。聞く状態をつくる。筋肉の反応がちがう
  まゆげと目尻をつまんで声を出して、聞く位置こめかみを意識する
「いい声」とは何だ(「悪い声」「ふつうの声」と比べて)
 ・雑音がない(声道に雑物がない)、支えのある
  ひびきのある(効率よく空間になりわたっている)、よく通る芯のある
◎「いい声」になりたいか(いい声と悪い声を選りわける)
  いい声の精度をあげる「発声術」(声を研ぐ、磨く、研ぎ澄ます)
 (自分の声で人を叩きころせるような鋭さをもつ、息が動く(バウンドする))
 どこが研げていて、どこが研げていないかわかる「まっすぐ」「消える」
 いろいろな研ぎ方がある。いろいろな刃がある。いろいろな声・感情をもつ
 多彩で崩れず、ぶれない声をつくる技術、身体、日々変わる
 生き合うことは「歪む」こと、それを調整しながら生きる、私をつかまえる

◆本日の磯貝語録
 声を出す快感より聞く快感を育てる
関連記事